2017年3月生徒さんの作品

投稿日時:2017.03.16 (木)  05:36:38カテゴリ:生徒の作品(59)

 

今回は、バラエティーに富んだ作風の作品が多くありますよ。


































































どうでしょうか、手の込んだ作品もあっさりした作品も有り、本当に、個性は千差万別一つとして同じものが有りませんね。作品には、その日の体調が表れている物が有ります。気分が乗っているか、どうかですかねー。





コメント (2)

 

蕎麦教室和束にて

投稿日時:2017.03.15 (水)  05:45:32カテゴリ:教室(54)

 

3月14日(火)和豆香テラスにて蕎麦教室開催。

初めての場所なので、テーブルの配置に少し手間取りしましたが、無事10時には始められました。

男性2人女性9人の参加。

皆さん初心者?のわりに上手にやってはります。




どうです!!お手伝いせずともこの通り。




ドヤサ!!もう四角になっています。

もちろん、お手伝いなし。




蕎麦切りは、最高の難関。顔も真剣。




またも出ましたドヤ顔!!細く切れている!!

しかも均一に!!

和束で蕎麦屋やったらと勧めている。




男性も綺麗に切っておられる。少し太いかな。




試食タイムは、さすが女性が多いだけあって、賑やか!!

11時過ぎには食べ終わり、お片づけも手伝っていただき、

スムーズに終了いたしました。

皆さん、なかなか上手でした。


陸の孤島と言われる和束に県外から移住して、地元で働いておられる女性が二人参加されていた。

和束の美しい風景に魅入られたとの事。

夫婦で移住、単身で移住と若い外からの波が入って来て、

地方創生の力となっているようだ。



コメント (2)

 

春一番の便り

投稿日時:2017.03.10 (金)  08:59:49カテゴリ:山菜(98)

 

と言えば、




そう、山菜で一番と言えばフキノトウ!!

やっと、お出ましになられましたよ。

そして、梅一輪、春への一里塚と




本当に一輪づつ咲いて行きます。これを撮影している時、大粒の雪が舞っていましたよ。おぉ寒、思わず自分の名を呼んでしまった。私の名は修です。


井手町の河津桜、2月初旬に開花とお知らせがあったのですが、目立つような開花ではなく、しょぼいものでしたが、今は






椿坂まちづくりセンターの南横の2本の木が満開近しの状態です。

コメント (2)

 

いちご大福

投稿日時:2017.02.28 (火)  06:25:21カテゴリ:スイーツ(10)

 

粟に一緒に行ったお客さんが、元興寺の北にイチゴ大福の美味しい店が有るとの事。車を回して、道路で待っていました。

お駄賃の御裾分け、頂きました。




イチゴは小さいながら、大福にあう酸味と甘味の豊かな品種を使っているようで、とても美味しい。この季節になると、はるばる買いに来られるらしいです。口コミは確かですね。




歴史を感じる包装紙。

ならまち末廣堂。

コメント (2)

 

ならまち「粟」

投稿日時:2017.02.28 (火)  06:03:02カテゴリ:食べ歩き(111)

 

もちいど商店街のもう一つ東側の道を、南へ三条通りから三番目の広い通りの所から、少し北。二軒北にある。




鰻の寝床の町屋を改装した店。

大和伝統野菜をふんだんに使った料理だそうです。




説明を受けたが、覚え切れない。

大和真菜、紅芯大根、今市蕪、あかね、こんにゃく・・・・・?




大和牛の三種盛 佃煮、ローストビーフ、ステーキ。

野菜ばかりでは体力がつかない?




野菜の煮物葛餡かけ。




おーおー、ふきのとうのてんぷら!!

春一番の山菜を頂きましたよ。




古代米(黒米)のご飯。ゆかり(赤紫蘇)付き。




酒粕のケーキ、何の香だったっけ?奈良のイチゴは美味しい。




粟と大和野菜が、店内に飾られています。

昼のメニュー「収穫祭」2900円(税別)でした。

何か、健康になれた気持ちになって、美味しく頂きました。

3900円、5000円のコースも有ります。

肉が食べたいのなら5000円ですよ。

0742−24−5699 

駐車場は有りません。


コメント (2)

 

和束にて陶芸教室

投稿日時:2017.02.24 (金)  06:16:05カテゴリ:教室(54)

 

2月23日(木)お茶で有名な和束で陶芸教室を開催。中学校を利用した相楽東部広域連合委員会で、会場は講堂?




地元の、文化に興味の強い人達、都会から移住した人達が、熱心に作陶されましたよ。手馴れた人はどんどん作っていきますよ。おお忙しです!!

コメント (0)

 

寒暖差18℃は、身体にキツイ?

投稿日時:2017.02.17 (金)  08:51:29カテゴリ:猫のナナ(28)

 

昨日の早朝の温度マイナス4度。

お昼の最高温度14度。


工房に着いてみると、こんな氷柱が




昼になると、消えてなくなりました。春のような陽気。

暖かに成るのは、本当にうれしい。

でも、寒暖差18度は何かけだるさを与える。

家に帰ってみると、




猫のナナは、炬燵に入らず、ヘリの布団に寝そべっている。

猫は自分の最適温度を捜してゆったりしている。

「ここが、快適だニャン」

コメント (3)

 

魔のP.M6.30

投稿日時:2017.02.13 (月)  09:07:47カテゴリ:未分類(53)

 

朝食の支度をし始めるのは、朝六時半。まな板で野菜をトントン切っていると、救急車と消防車のサイレンが鳴り響いていました。家の下には、山手幹線が走っていて、平和堂を通り抜け、左に曲がり、天井川を潜る手前、そこで事故が発生したようです。二日前の早朝の事です。




十年程前、妻をJR玉水駅まで送っていた時、橋上でスリップして、恐い思いをした事を思い出しました。凍った橋、坂道は危ない。一番温度が下がる六時過ぎが危ない。

まだ、零下の日が続くと思います。気を付けて、運転して下さい。

コメント (2)

 

恋人達の聖地?

投稿日時:2017.02.10 (金)  22:02:48カテゴリ:歴史探訪(19)

 

奈良へはよく行っていますが、見落としている所が沢山有りそうです。転害門(てがいもん)から西に入る道がありますが、そこを進み、佐保川を渡った所に




聖武天皇陵と光明皇后の陵が並んでいます。




聖武天皇陵はすごく大きなお墓です。




それに引き換え、光明皇后のお墓は小さく、東側に寄り添うように建てられています。

何故ここが「恋人達の聖地」なのか?




上から見て下さい。ハート型になっている。

夫婦仲は良かったかと言うと、外祖父の藤原氏に圧力をかけられ、姉さん女房の光明皇后に頭が上がらなかったとか?

4つも都を遷都し、東大寺大仏殿を建てた聖武天皇。

悲田院、施薬院を作り慈善事業で有名な光明皇后。

何はともあれ、聖地となったのです。

陵墓が、ハート型になったのは、理由が有ります。

中世の戦国時代、陵墓を削って、城を建てた武将がおります。

それが、誰あろうか、松永久秀。

信貴山城の以前の城なのです。

城址には、若草中学校が建っています。




城郭を模した正門。その横に解説の看板が立っている。







少し門内に入ると




石碑が見えます。

階段は真っ直ぐに続いていますが、回り道して天守へ行く構造になっていたでしょう。横の崖が城郭の一部だったのでしょうが、写真に入り切らないほど大きい。

天守からの眺望は素晴らしかったと思う。

東に、若草山、東大寺。西は平城京跡、南は奈良盆地。

学校の屋上を開放して欲しいなぁ。




松永久秀と言う人は、城を作るのが好きだったらしい。復元図がないのが惜しい。

戦国時代には、古墳の上に陣を敷いたり、山城を建てたりされたらしい。

下克上の代名詞のような久秀ですが、光明皇后の陵墓の端っこだけ、遠慮がちに削って城を建てた?

主君や文化財や茶の湯を大事にした人だったのかも?




コメント (2)

 

今朝の工房は

投稿日時:2017.02.09 (木)  21:26:26カテゴリ:花(246)

 

またまた、銀世界。樹氷の世界。でも、地面は、凍っていない。




美しい風景である。道路に雪が積もらないのは助かる。


春を告げる花が咲いています。1月の下旬から






本当に蝋細工のように、透き通って綺麗です。

長い間、黄色の花が目に潤いを与えてくれている。

近づけば、独特の匂いが・・・・安らぎを与えてくれる。

春はもう少し、そこまで来ている。


コメント (2)