玉川の桜も満開

投稿日時:2018.03.31 (土)  06:55:41カテゴリ:花(260)

 

満開前線がどんどん進んでいる。あっと言う間の満開である。

いつまで、この桜は持つのか?




橋本橋からの眺望。

今週土日がピークでしょうね。

陶器の安売りも、やっているよ。

井手町椿坂まちかどセンター前にて。

コメント (0)

 

地蔵院の枝垂桜は満開

投稿日時:2018.03.28 (水)  20:50:59カテゴリ:花(260)

 

あっと言う間の開花、満開である。




衰えていた樹勢が、少し回復してきたのかな。

大分元気に成ったように思える。

どう見えます?

裏山の枝垂桜が盛んに咲いていましたよ!!




若い樹は勢いが違う。

鳥の飛来がよく見られるし、蜜を採るために花びらを散らしてる。


コメント (0)

 

出足が早い今年の山菜

投稿日時:2018.03.26 (月)  19:35:26カテゴリ:山菜(105)

 

いつもなら、4月初めにお出ましの「こごみ」が、もう出てきましたよ。




美味そう!!てんぷらにしたら最高だね。


工房の梅は、今、満開を迎えようとしている。




蜂が飛び交い、蜜を吸っています。

夏を思わせる暑さですね、昼間は・・・・

コメント (2)

 

2018年生徒さんの作品

投稿日時:2018.03.21 (水)  08:45:52カテゴリ:生徒の作品(63)

 

いろんな作品が出て来ましたよ。










































皆さん絵が上手に成って来てますね。それぞれに、個性を発揮した絵で、バラエティーに富んでいますよ。








以上の作品は、2月2日(金)に開催された井手町の陶芸教室の仕上がった物です。こちらも、続けて参加されておられる方が、多いので、質の高い作品が出て来ましたよ。







コメント (0)

 

春の山菜第1号

投稿日時:2018.03.18 (日)  09:16:30カテゴリ:山菜(105)

 

暖かく成っていますね。

朝晩は寒いですが、昼は完全春真っ盛り。

と、出て来るのは






フキノトウです。てんぷらナンバー1、蕗味噌ナンバー2.

他に何か有るかな?


井手町椿坂まちかどセンター交流棟前の河津桜が満開です。






今、見頃ですよ。

コメント (0)

 

大垣

投稿日時:2018.02.26 (月)  08:54:05カテゴリ:日帰り旅(30)

 

大垣市は、いつもどこか行く時、通り過ぎる場所である。たまたま、退職互助会のツアーがあって、日帰りで、大垣市にバスツアー。大垣城を中心に、堀を巡って、終点が松尾芭蕉の記念館。3回の奥の細道の旅の終点が大垣だったそうです。それを、売りに、観光の目玉にした。会館では、旅行の道すがらと俳句が、立体的に写真を取り入れて展示してありました。

奥の細道むすびの地記念館です。

でもわたしの興味は、大垣市郷土館で見た「津軽屏風関ヶ原合戦図屏風」である。

関ヶ原決戦の前日の様子である。

大垣城に立て籠もって、持久戦に持って行きたい島左近。東軍を煽って開戦に持ち込もうとするが、赤坂を過ぎ、岡山に本陣を置いた徳川家康は、動かず、家来が動いて、泥田に足を取られ敗走。その様を、昼飯を食べながら、悠然としている。




大垣城と杭瀬川



東軍本陣赤坂岡山



杭瀬川の戦い



大垣城内

この戦いは「杭瀬川の戦い」と言い、西軍唯一の勝利だったのです。ここに引き込んでいたら西軍は勝っていたと書いてありましたが、諜報作戦に長けていた家康は、そのまま、無視して進軍する。石田三成は、おびき出されて関ヶ原決戦に。

大垣城は、次の日に落城。城内に裏切りが、有ったようです。







七福神山車の祭りがあるそうです。




コメント (2)

 

古墳巡り

投稿日時:2018.02.20 (火)  08:44:45カテゴリ:歴史探訪(23)

 

天理市のど真ん中、天理教の施設が、連立する中、天理中学の敷地内?に、西山古墳がある。この辺りは、前方後円墳が占有していると言う地域である。その地域に何故か、前方後方墳があったのだ。














本当に珍しい古墳だそうです。前方後円墳の前の豪族の墓なのか?大和政権の中枢にいた豪族?はてなマークのつく墓なのだ。石上神社が、目と鼻の先にあるので、物部氏以前の豪族の墓か?謎だらけだね。陵墓ではないので、自由に登れる。打ち捨てられた寂寥感の漂う古墳である。東側の堀は埋められて、乗馬場になっていた。景観も無視された状態だ。草刈はしてあったけど・・・・



コメント (0)

 

2017年12月生徒さんの作品

投稿日時:2018.02.14 (水)  09:02:36カテゴリ:生徒の作品(63)

 

本来ならば、昨年にアップしなければいけない記事だったのですが、風邪をこじらせ、1月中ぐずぐず療養していました。

気の抜けたラムネみたいですが、見て下さい。




































如何でしたか・・・・・・

気の抜けた雰囲気で、すいません。

コメント (2)

 

井手町にて蕎麦教室

投稿日時:2017.12.06 (水)  08:21:26カテゴリ:教室(57)

 

12月5日(火)午後6時30分よりいずみ人権センターにて、蕎麦教室を開催。参加人数が多い為、2回に分けて開催することに。1回目は、今晩、1週間後に2回目をやる予定。








参加者も2,3回と経験されている方が多く、でも初心者も居られたので、スムーズとは行かなかったけれど、かなり楽に進行しましたよ。皆さん、かなり細く蕎麦切りが出来るようになりましたよ。




られまぁー!!こんなに細く!!切れているとは!!

驚き。私と同じくらいじゃない!!素晴らしいの一言ですな。





試食タイムは、盛り上がります。女性が多いと、なおさらです。主婦は、熱心です。出汁の取り方を聞いて来た。メモを取ってくれれば良いのですが、古くなった頭に叩き込もうとするのですが、理解されるのに、随分かかっていまいましたよ。でも8時30分には、帰れましたよ。



コメント (0)

 

鳥取横断

投稿日時:2017.11.29 (水)  06:16:52カテゴリ:旅行(49)

 

鳥取の中央長尾岬の南に「青谷」と言う地域が有ります。

そこに、青谷上寺地遺跡があり、見に行きました。








倭国大乱の時代背景を写す遺跡と共に、文化の高い出土品を膨大に出土している有名な遺跡です。どんな場所に有るのか見たかったのです。博物館なかなか見つからず、埋蔵文化財センターに聞きに行ったところ、保管されている文化財を見せて頂き、懇切丁寧に説明して頂いた。サメを描いた木片をみせられた時には、思わず「因幡の白兎」を連想してしまった。漆を塗った木工品の精巧さにも関心しました。

と、博物館に行くと、プレハブの1階建ての建物だった。立派な建物を想像していたので、見過ごすのは当たり前だった。

古代黒米を少しと因州和紙のメモ用紙を頂いた。

観光宣伝、名産品の宣伝もされていましたよ。


鳥取を観光しながら横断して帰りました。



コメント (2)