井手町にて蕎麦教室

投稿日時:2017.12.06 (水)  08:21:26カテゴリ:教室(57)

 

12月5日(火)午後6時30分よりいずみ人権センターにて、蕎麦教室を開催。参加人数が多い為、2回に分けて開催することに。1回目は、今晩、1週間後に2回目をやる予定。








参加者も2,3回と経験されている方が多く、でも初心者も居られたので、スムーズとは行かなかったけれど、かなり楽に進行しましたよ。皆さん、かなり細く蕎麦切りが出来るようになりましたよ。




られまぁー!!こんなに細く!!切れているとは!!

驚き。私と同じくらいじゃない!!素晴らしいの一言ですな。





試食タイムは、盛り上がります。女性が多いと、なおさらです。主婦は、熱心です。出汁の取り方を聞いて来た。メモを取ってくれれば良いのですが、古くなった頭に叩き込もうとするのですが、理解されるのに、随分かかっていまいましたよ。でも8時30分には、帰れましたよ。



コメント (0)

 

鳥取横断

投稿日時:2017.11.29 (水)  06:16:52カテゴリ:旅行(49)

 

鳥取の中央長尾岬の南に「青谷」と言う地域が有ります。

そこに、青谷上寺地遺跡があり、見に行きました。








倭国大乱の時代背景を写す遺跡と共に、文化の高い出土品を膨大に出土している有名な遺跡です。どんな場所に有るのか見たかったのです。博物館なかなか見つからず、埋蔵文化財センターに聞きに行ったところ、保管されている文化財を見せて頂き、懇切丁寧に説明して頂いた。サメを描いた木片をみせられた時には、思わず「因幡の白兎」を連想してしまった。漆を塗った木工品の精巧さにも関心しました。

と、博物館に行くと、プレハブの1階建ての建物だった。立派な建物を想像していたので、見過ごすのは当たり前だった。

古代黒米を少しと因州和紙のメモ用紙を頂いた。

観光宣伝、名産品の宣伝もされていましたよ。


鳥取を観光しながら横断して帰りました。



コメント (2)

 

並んで、並んで「国宝」展

投稿日時:2017.11.25 (土)  08:45:36カテゴリ:未分類(58)

 

今月26日に最終日を迎える京都国立博物館。

混雑振りは衰えを知らず。切符を買うのに15分敷地に入るのに15分。新館の前に並んで入ったら






館内の行列の折り返し地点での光景。

入るのに30分。合計1時間も待って、やっと入れました。中は大混雑。展示会場は頭、頭、頭が連なって、頭と頭の間を覗く事もままなりません。

一番見たかったのは




縄文のビーナス。

実物はホンマに素晴らしかった。

土の質感、誇張された女性の曲線の形。

どんな人が作ったのか。

仮面の女神も造形の面白さがハンパではなかったですよ。


喜左衛門 大井戸茶碗

卯花がき  志野茶碗

油滴天目

も、素晴らしい茶碗でしたよ。

京都駅まで歩き、ヨドバシカメラの6Fレストラン街の勝牛にて

食事。



1382円130gです。

ステーキのほうが良いかな・・・・・

カツは、トンカツのほうが良いかな・・・

コメント (3)

 

紅葉舞い散る和束にて蕎麦教室

投稿日時:2017.11.23 (木)  06:24:58カテゴリ:教室(57)

 

秋深し和束運動公園内にある「和豆香テラス」にて、蕎麦教室開催。11月22日(水)

今年春に教室をやったのですが、どうしても、新蕎麦の美味しさを知って貰いたくて、秋にもう一度と言う要望に答えてくれました。11人もの参加者でしたよ。










どうです、皆さん素直に聞いてやってくれるので、上手ですね。






蕎麦切りも、皆さん、細くきれていますよ!!

もちろん、私のより、少し太いですが・・・・・・・

でも、レベルが高い出来です。




試食タイムです。

早速、「今度のお蕎麦美味しい」とおっしゃる方が居られた。

春に参加された方です。舌の敏感な方ですね。

やってよかったですね。

年配の方や中年の方や、若い方、幅広い年齢層の参加者でした。

文化活動に熱心な和束の女性達は元気印です。

コメント (0)

 

日本一大きい注連縄は?

投稿日時:2017.11.04 (土)  06:07:22カテゴリ:歴史探訪(22)

 

北九州の宗像に宮司嶽神社があります。

宮地嶽神社とも書きます。この辺の地名は宮司です。




山門から見る夕日の太陽と参道が一直線になることで有名な神社です。10月15日前後と2月20日前後が見頃だそうです。




鳥居前の土産店、梅が枝餅が名物だそうです。

登りきると山門に辿り着きます。




ここから見ると、あの一番目の景色なるのですね。

境内にこの神社の三大日本一が展示してあります。




日本一の大太鼓。




日本一の大鈴。

そして、トリは本殿に吊るされている注連縄。




これだ!!日本一の注連縄!!長さ13.5メートル、重さ5トン、直径2.5メートルだそうです。

これに匹敵するとも劣らないのが、出雲大社神楽殿の注連縄だ。




どうだ!!どっちが日本一だ!!長さ13.5メートル、重さ4.5トン、直径は?だが・・・・・


奥の院へと続く中腹に九州最大の古墳が発掘されている。

横穴式玄室の大きさは、明日香の石舞台より大きい。

宗像族の勢力は絶大だったようである。宗像の娘と大海人皇子(天武天皇)が結婚して、その孫に長屋王がおられます。


コメント (2)

 

葛飾北斎展大混雑!!

投稿日時:2017.11.03 (金)  06:52:49カテゴリ:未分類(58)

 

アベノハルカスでの「葛飾北斎展」会場10分前に着いたにもかかわらず、




当日券を買うのに30分待ち。




入場するにも、30分の行列。平日だと言うのに・・・・・・

とほほ・・・・だね。

中でも大混雑。頭と頭の間から覗く様にして見たよ。

大英博物館、ギメ博物館等の貴重な実物が見られた。

肉筆画も迫力があって素晴らしかったよ。




人混みから、抜け出て、外の空気を吸って、ホット一息。



コメント (0)

 

和束陶芸教室

投稿日時:2017.11.01 (水)  06:21:23カテゴリ:教室(57)

 

10月31日(火)和束にて陶芸教室を開催。

もう何年目かな?5回目?

文化に関心が高い女性方の参加が多い。

出来のよい作品がたくさん出来上がりましたよ。







作業の様子です。


帰りに、紅葉で有名な和束の禅寺「正法寺」の様子を見に行きました。




まだ、ちょっと早いようですね。



コメント (0)

 

雨が多い秋は、食欲を殺ぐ。追い打ちの台風21号は被害甚大。

投稿日時:2017.10.27 (金)  06:04:09カテゴリ:花(258)

 

けな気に咲いていた秋の花は、台風一過、無残に倒れてしまいました。その前に咲いていた様子を見て下さい。



あけぼのそう




みぞそば




紫式部




つりふねそう




まるばるこう


今は、冬に行こうとするように枯れかけています。柿の葉が落ち始め、取り残した実が橙色に、殺風景な工房を飾っています。秋晴れの日は続くのでしょうか?また台風22号が・・・・・・

被害が無ければ良いのですが、心配です。

コメント (0)

 

驚き!!京都市内に縄文遺跡?

投稿日時:2017.09.21 (木)  18:48:32カテゴリ:歴史探訪(22)

 

朝日新聞に「火焔型土器と西の縄文」の展示会の記事が載っていました。その会場は、京都大学総合博物館。この博物館の存在を知りませなんだ。京都生まれの京都育ちの私ですが、知りませんでした。




立派な建物です。百万遍から東大路通りを南へ下がった東側に有ります。




地味な雰囲気ですが、入館料は、400円と格安です。

火焔土器に会えると、思うと本当にドキドキします。




これが、国宝です。火焔式土器で国宝に指定されているのは多数あるそうです。他の重要文化財とどう違うのか解りません。























これは、王冠型土器と言います。

素晴らしい作品群ですね。


この作品群は、1万6千年の縄文時代の歴史で、5千年前、300年続いた様式です。しかも、新潟県の信濃川流域の限定された地域から出土している。

超絶技巧を持った天才の成せる作品だと思われる。煮炊きに使った痕跡が有ったものの、物々しい火焔模様は、何を意味するのか解りませんが、祭祀器の権威付けと思われる。このような模様が、脳に降りてくる特殊な作陶工だったと思う。


ところで、京大構内で縄文土器が発掘されていたなんてご存知でしたか?それも縄文中期の!!

これも、同時展示されていました。本当に驚きでした。

土偶の破片もたくさん展示され素晴らしい。




コメント (2)

 

2017年9月生徒の作品

投稿日時:2017.09.12 (火)  05:37:07カテゴリ:生徒の作品(61)

 

生徒さんの腕が上達して行くのを見るのは、楽しいものです。時々、後退されておられる方も?

好みの変化が現れる方もおられますよ。






























































如何でしたか?


話は変わりますが、

今年の気象異常はどうでしょう。

この夏、畑に水を遣った記憶がありません。

地面が乾く前に雨が降り、それもかなり多めの雨量でした。

トマトが美味しくなかったのは、これが原因なのか?

低気圧の日が続くのは、身体にきついですね。

年のせい????かもね。

酷暑に大量の雨。身体にこたえる夏の疲れが取れません。

朝晩、涼しく、寝やすくなっていますが・・・・・・・

食欲の秋を期待して・・・・・







コメント (2)