日本ピラミッド「葦嶽山」

投稿日時:2016.11.30 (水)  06:27:33カテゴリ:旅行(48)

 

中国道東城ICと庄原ICとの中間地帯に有る山である。

帝釈峡とは車で20分ぐらいの距離である。

県道23線から422号線に入って登って行くと駐車場とトイレがある。そこから登って行くのですが、かなりきつい坂道でした。




頂上に着いたのは50分後。




平らにならされたかなり広い地面。もろい花崗岩の山だ。

直径3,6メートルの太陽石と円形に配置された石が有った。

戦前の国家権力が破壊したとさ!!慙愧の思い。

この山からの眺望。




この辺で一番高い山だ!!

また、急な坂を下ると、鬼叫山の巨石群の有る所に到着。

自然の姿のままなのか?

方位石、鏡石等が有り、夏至線、冬至線が通るように配置されているらしい。




ドルメン(供物台)




横から見るとよく解る。向いている正面に葦嶽山がある。




方位石 上から見ると十字になっている。




獅子岩 これも葦嶽山に向いている。

紀元前の遺物に獅子?

エジプトのスフインクス?

後代の人が手を加えた?ライオンを知っている現代人?




鏡岩 平らにした部分に鏡を嵌め込み、光の反射を利用して、

    何かに使われた??・光信号?






神武岩 ひよこ文字で描かれた部分があると書いてあるので

      探したが、見当たらなかった。がくー!!!!

      神武の財宝が埋められているとの噂で、部分的に壊

      され、倒れている。




これが、日本ピラミッド「葦嶽山」だ。

もろい花崗岩だから削ったのかな?

登山途中に山を遥拝する鳥居に「奴国大王」と書かれた扁額が上がっていた。この辺まで奴国領だった?

奴国大王の墓?神武天皇の墓?邪馬台国は出雲?



コメント (4)

 

帝釈峡で紅葉狩り

投稿日時:2016.11.28 (月)  08:30:21カテゴリ:旅行(48)

 

11月中旬に岡山と広島の県境にある帝釈峡へ行って来ました。5時間かけて到着。




帝釈天永明寺の裏山の一枚岩。見上げる程の巨大さ。




川で削られた窪地に祭られた「賽の河原」






永明寺の横。




正面。慶長年間より古い建物。

古くて危険なのか、立ち入り禁止。




第一駐車場から見た参道。




帝釈峡の入り口に縄文時代の遺跡が有ります。




1万2千年前は海岸線だったのかも?



鬼の唐門。




鬼の供養塔。




帝釈峡の最大の見所「雄橋」が見えて来ましたよ。




自然の造形物には尊厳を感じます。偉大です。

雌橋も有るのですが、崩れているそうです。




断魚渓。

魚が遡上出来ない滝が続いている。

この下を行くと神龍湖に到着するのですが、通行止めになっています。


旅館「錦彩館」に到着。

全ての部屋が湖に面していますよ。




旅館から見た神龍湖。朝の景色です。






神龍橋。




桜橋。




城址公園の紅葉。神龍湖は、ダムで出来た人口湖です。遊覧船も有り、白鳥もおります。地元食材を使った料理は美味しかったですよ。




コメント (2)

 

椿と紅葉コラボ!!

投稿日時:2016.11.26 (土)  06:34:01カテゴリ:花(243)

 

椿が今頃咲くかなぁー?

まだ、紅葉が残っていると言うのに・・・・




色が褪せた紅葉が葉の間から覗いているでしょう。




こんなに早く椿が咲いているのを初めて見た。

今年は、寒いのか暖かいのか?

何だか、極端に振れそうですね、戦々恐々。

コメント (2)

 

来た!!紅葉の季節

投稿日時:2016.11.16 (水)  06:10:36カテゴリ:花(243)

 

真っ赤に燃えた山吹山。昨日突然赤く変化した。工房周りでは、じょじょに紅葉が進んでいたのですが。




今年の紅葉は鮮やかです。朝霧たなびく幽玄な光景です。

工房へ来られる方、一時車を止めて鑑賞して下さい。


奈良で、友達が展示会していて、その帰り。喉が渇いたので、般若寺近くの植村牧場のソフトクリームを食べた。

コスモスの花の寺で有名な般若寺の西の門。



拝観料500円を節約して、350円のソフトクリームに変わりました。




コスモス咲き乱れ、一人女は何を思いしか・・・・・

手には、タブレット・・・・・




花びらがラッパ状になっている珍しい品種。

名はシーシェル。海の貝殻?言い得て妙かな?


コメント (2)

 

狂い咲き

投稿日時:2016.10.28 (金)  08:46:12カテゴリ:花(243)

 

桜とか、つつじ等の狂い咲きは良く見られる光景ですが、花桃が狂い咲きしています。




葉も茂っていないのに、何故?

桃の狂い咲きは初めて見ましたよ。

異常気象は連綿と続いているようです。火山活動が活発なのも気になります。天変地異は万遍もなく、平等に降り注ぐ。何時自分に降りかかるか・・・・・・・

「70年生きて来て初めての災害です」と言う言葉が重い。

千年に1度もあったなあ。

コメント (0)

 

今池コミセンにて、蕎麦教室

投稿日時:2016.10.24 (月)  06:10:35カテゴリ:教室(51)

 

10月23日(日)、今回で8回目だそうです。ここの館長はすこぶる蕎麦好きの方だった。過去形になっているのは、今は退官され今回は生徒として、参加。




流石、ちゃんと四角に伸ばせているではないですか!!

宗さん8年間ご苦労様でした。




今回一番上手な伸しはこの方。初めてでこのうまさ!!




2番はこの方。上の方が少しいがんでいますが、上手く伸びています。




蕎麦切りが、一番難しい。なのに、この細さ。おまけに、揃っている。明日から店を開けるのでは!!






楽しい試食タイム。今年は、湯がく時間を短めに。

コシの有る麺に。

好評でしたよ。日々主義主張が変化する今日この頃・・・・



コメント (4)

 

ユニークな花々

投稿日時:2016.10.21 (金)  06:20:04カテゴリ:花(243)

 

今はもう秋。




柿がたわわに実っています。




つるまめ 小さいさや豆が出来ますが、食料の足しには成りま

       せん。




みぞそば 小さな可愛い花ですが、茎はのこぎりみたい。




自然薯のむかご 素揚げにして塩振れば、美味しい。




ひよどりばな






つるにんじん 根がにんじんのように太い。

         滋養強壮の薬になるそうです。






つりふねそう






あけぼのそう 宇宙の広大さが凝縮されています。

         秋はあけぼの、のたりくたり、腹のくびれ。




コメント (0)

 

美山かやぶきの里は、秋模様

投稿日時:2016.10.13 (木)  20:09:45カテゴリ:日帰り旅(27)

 

秋の風情iいっぱいの里へ行って来ましたよ。



来た時は午前。観光バスがたくさん止まっており、一団の人波が引き潮のように去って行った。疎らな人が散策している。




茅葺の新しいのが正面に見える。




コスモスが風に揺れて、揺れて・・・・・・・




美山民族資料館は、苔蒸して、雨多き秋を物語り、寂びの風情。




平岡地区の蓮如の滝。由良川が碧く澄んでいました。

秋の風をいっぱい吸い込み清々しい気分。

ここを訪れたのは、山崎昌伸詩画展の一角を借りて、自分の作品を展示しておられる生徒さんのお誘いがあったからです。

空気が美味い。そばが美味い。茅葺の雰囲気が素晴らしい。

癒される!!と言う誘い。

到着して、すぐ、食事処「きたむら」で食べましたよ。

細麺で、コシの強い美味しい盛り蕎麦でしたよ!!

隣の菓子処で食べた黍ソフトクリームが香ばしく美味しかったし、栃等の餡餅を売っていましたよ。素朴な味でしたよ。

最後に、山崎さんの絵葉書を見て下さい。






洒脱でおしゃれで、字も面白く、絵も軽やかな筆捌き。

美山交流館(カフェギャラリー彩花)にて、展示。

生徒さんのは高価なので、買うのは遠慮してそうそう・・・・・


コメント (0)

 

2016年9月生徒さんの作品

投稿日時:2016.09.24 (土)  06:11:14カテゴリ:生徒の作品(57)

 

だんだん作風が変わってきています。

それは、私しか解りませんが・・・・・

皆さん進化しているようです。
















































フナッシーはどうなったんだろうー?

最近見かけないが・・・・・・・

世間も変貌して行きますが、作風もゆるやかではありますが変わって行きますね・・・・・・・

コメント (0)

 

秋に突入

投稿日時:2016.09.15 (木)  06:16:06カテゴリ:花(243)

 

涼しくなって、本格的に秋雨前線が日本列島に停滞してます。

秋の七草の萩も咲いています。




秋の字を冠した秋明菊も咲いています。




雨に打たれてうつむいていますが。

真打は曼珠沙華。咲き始めています。




おまけに、この花。マルバルコウ。




秋、秋だー。身体も楽になってきた。

畑は草茫々。草刈しなくちゃー!!

コメント (3)