工房近くの工事がやっと終わった

投稿日時:2017.06.02 (金)  06:15:18カテゴリ:未分類(55)

 

本当に長かった災害復旧工事。一月近くガアーガアーと騒音が大変でした。迷惑料の和菓子を頂いたが、そんなものは精神的な苦痛に比べれば屁のようなもので、騒音が病気にさせる事がよく解った。




やっと、やっとの完了です。やっと静かに仕事が出来ます。

ほっとーーーーーーーーーー・・・・・・・・・・・・・・

コメント (2)

 

ゴールデンウイーク初日の日の出

投稿日時:2017.04.29 (土)  06:13:46カテゴリ:未分類(55)

 

4月30日(土)朝新聞を取りに行って、ビックリ!!

あまりに美しい日の出にしばしうっとり・・・・・・




寝過ごした方、

見逃した方、

楽しんでください。

コメント (2)

 

魔のP.M6.30

投稿日時:2017.02.13 (月)  09:07:47カテゴリ:未分類(55)

 

朝食の支度をし始めるのは、朝六時半。まな板で野菜をトントン切っていると、救急車と消防車のサイレンが鳴り響いていました。家の下には、山手幹線が走っていて、平和堂を通り抜け、左に曲がり、天井川を潜る手前、そこで事故が発生したようです。二日前の早朝の事です。




十年程前、妻をJR玉水駅まで送っていた時、橋上でスリップして、恐い思いをした事を思い出しました。凍った橋、坂道は危ない。一番温度が下がる六時過ぎが危ない。

まだ、零下の日が続くと思います。気を付けて、運転して下さい。

コメント (2)

 

有王は、全くの銀世界

投稿日時:2017.01.17 (火)  21:46:39カテゴリ:未分類(55)

 

2日間休んだ。信貴山の頂上に行っていたのだが、雪には降られなかった。ので、雪のない有王を想像していたのだが。何と、工房途中の山吹山がこんな状態。




まるっきり、樹氷状態だ。




工房まで行けるのか、不安がよぎる。

何とかギリギリたどり着いた工房は




綺麗と言えば、綺麗な樹氷だ。




白の銀世界は美しすぎる。

帰る頃には、大分溶けて、パンダのような斑な景色。

でも安心して帰れる。道は、すっかり雪が消えている。

昔は、雪が残って凍ったものだが、助かります。

コメント (2)

 

家から出られない!!

投稿日時:2017.01.15 (日)  10:35:31カテゴリ:未分類(55)

 

大雪警報が出た今朝、降っているではないですか、雪さん。

昨日は強風だけで、雪がなく、助かりましたが、今回は予報も的中。

家から出られへん・・・・・・・・








雪、霜は全てを綺麗に着飾ってくれる。




私とナナは、炬燵ムリ(コタツムリ)になっています。

コメント (4)

 

もう秋だね!!でも変!?

投稿日時:2016.09.02 (金)  06:50:11カテゴリ:未分類(55)

 

秋に成ると、産卵を迎えて、カマキリが餌を求めて地上に出て来る。



どう見ても、顔は宇宙人。

睨んでいるが、食物でないことを確認して、警戒している。


ニラの花が咲くと、「もう秋」でしょう。




良く見れば、花火のように見える。夏は終わった。


朝晩が涼しく、寝易い。台風10号が空を搔き回したおかげ?

被害を受けた東北、北海道の方々には、迷惑だったでしょう。


変と言えば





日本ミツバチの分蜂です。

通常は、5月です。

この異常、何かの前兆?

自然の復調か?

昨年は、分蜂が一度もなかったのですよ!!

コメント (2)

 

もう秋?

投稿日時:2016.08.25 (木)  08:00:14カテゴリ:未分類(55)

 

お盆の京田辺市花火大会は、土砂降りの中開催。京都市の五山の送り火も土砂降りの中開催。どちらも、その時間帯だけの荒れ模様。何かに呪われているようです。




雨の中、しょぼい感じの花火です。

25日の朝、6時に起きて新聞を取りに行くと




東の山を見てみると

日の出の太陽を遮るキノコ雲。

上の方は、秋を思わすウロコ雲。

何かの予兆だろうか???

不安を覚える・・・・・・・・・

もう秋だったら良いのだが・・・・・・


コメント (3)

 

美術館の入場料は高いねぇー

投稿日時:2016.05.24 (火)  07:58:45カテゴリ:未分類(55)

 

京都国立博物館「禅」を見に行った。




1500円の入場料は高いと思っていましたが、展示されている内容は、素晴らしいものでした。宋時代から輸入された禅宗の変遷の歴史を見るに解り易く、日本でどう消化されて行ったか良く解った。臨済宗が中心であったが、戦国時代に至る政権側の禅宗寺院に対する係わりも良く解った。長谷川等伯、白隠、雪舟、等、国宝級の物がズラリ。見応えのある展示であった。

実は、新聞屋さんの呉れる入場券で行った。

でないと、簡単に行けないよね・・・・・・




外に出ると、黄昏の風景が、疲れた目を休めてくれる。


コメント (4)

 

身体を癒すスーパー銭湯へ行くキッカケは。

投稿日時:2016.01.19 (火)  08:00:31カテゴリ:未分類(55)

 

新聞折込のチラシです。

         ゆらら(押熊店)

普段は、720円の入浴料が390円になるクーポン券が入っていた。それに加えて、炭酸泉の浴槽の写真が載っていた事である。




身体も疲れ切っていたところだし。早めに仕事を終えて3時過ぎに仕事場を出た。4時前に着いたが、チラシの効果なのか、駐車場は車で一杯であった。案の定、炭酸泉の浴槽は満員で、順番を待たないと入れない状態だった。20分ぐらいゆっくりと浸かっていた。温度がヌルメなので、長くはいっておられる。満員状態になる訳だ。外の露天風呂は広いが客はまばらであった。じっくり入ったお陰か、何時までも、身体は暖かであった。

コメント (2)

 

1月元旦は義理の母の誕生日

投稿日時:2016.01.02 (土)  07:07:07カテゴリ:未分類(55)

 

例年嫁の実家へ行きます。ここ数年、正月にケーキ屋さんが営業しているのを知り、予約して買います。ケーキを囲んだ誕生会になります。



目出度く、90歳。

ところで、目出度く1歳を迎えた孫がいます。



8月に拾われて来た「ココア」

最初は、ソファーの後ろに隠れていましたが、夜になると



ちょっとずつ、姿を見せてくれます。



カメラを向けると、警戒態勢。



最大の警戒心。心細い気持ちが、瞳の奥に見える。

老婆心ではなく、猫が来たおかげで、元気になられた。




コメント (4)