ならまち「粟」

投稿日時:2017.02.28 (火)  06:03:02カテゴリ:食べ歩き(111)

 

もちいど商店街のもう一つ東側の道を、南へ三条通りから三番目の広い通りの所から、少し北。二軒北にある。




鰻の寝床の町屋を改装した店。

大和伝統野菜をふんだんに使った料理だそうです。




説明を受けたが、覚え切れない。

大和真菜、紅芯大根、今市蕪、あかね、こんにゃく・・・・・?




大和牛の三種盛 佃煮、ローストビーフ、ステーキ。

野菜ばかりでは体力がつかない?




野菜の煮物葛餡かけ。




おーおー、ふきのとうのてんぷら!!

春一番の山菜を頂きましたよ。




古代米(黒米)のご飯。ゆかり(赤紫蘇)付き。




酒粕のケーキ、何の香だったっけ?奈良のイチゴは美味しい。




粟と大和野菜が、店内に飾られています。

昼のメニュー「収穫祭」2900円(税別)でした。

何か、健康になれた気持ちになって、美味しく頂きました。

3900円、5000円のコースも有ります。

肉が食べたいのなら5000円ですよ。

0742−24−5699 

駐車場は有りません。


コメント (2)

 

京田辺大住花住坂「モーネ」

投稿日時:2017.02.07 (火)  06:43:00カテゴリ:食べ歩き(111)

 

京田辺に大住出身の方が、イタリアンを開店したとか。

行って見ました。




粕汁に七味




しまあじの酢味噌和え 春野菜添え

卵白のホイップしたのと山芋の擂ったもの。

淡雪の新雪をイメージしたとか。





ブリ大根と言っても、氷見ブリの刺身。下には大根餅。

上には、蕪の擂ったもの。

若葱。柑橘類の果実。ジュレのソース。





パスタ イタリヤのソーセージと九条葱。

イタリヤと京野菜のコラボ。

しつこいのとあっさりとのコラボ。

堅さも堅からず柔らかからず。




飛騨豚のロースト。焼き方が、絶妙。外カリカリ,内ピンク。

新玉葱のロースト。とても美味しい。今でしょう。

菊芋のスライスの揚げたの。

とろろ状の白いソース添え。

トリフのトッピング1人前1000円を、ケチって3人に振り分けてもらい、

トリフ初体験。

薄くスライスしたての時、海苔に似た磯臭い香りがしたが、

食べてみると無味。味に関しては無意味。




スイーツ 

左のは、焼きりんごに葛餅をロールしたのを焼いたもの。

右のは、アイスクリーム八角の味。トッピングは、シナモン等。

八角と言えば、スターアニス。響きが良いですね。

パンは自家製で、美味しかったです。胡桃パンとフランスパン。

コーヒーも深入りで、美味しかったです。

3500円のおまかせコースでした。

この店の印象は、わ、わ、わ。

和、和、和、でした。味の足し算。いろんな所に隠し味多数。

野菜が、美味しい。素材が良い。

ランチ時、二部制になっており、いつも満席状態で予約困難だそうです。


コメント (2)

 

京田辺市興戸「ルスティク」

投稿日時:2017.01.14 (土)  06:15:42カテゴリ:食べ歩き(111)

 

山手幹線から西、酒屋神社に向う入り口に黒い建物がある。

フレンチレストランである。




地元野菜をふんだんに使った野菜のテリーヌ。

色彩豊かに盛ってある。

この店のマークが刻印してあるハム。

蕪を固めたジェリー。

野菜のピクルス。

少し堅めですが、美味しく頂きました。




京田辺名産の海老芋、牛蒡のカリカリに揚げた物の

チーズホンヂュー。




メインの魚料理 

リゾットの上に魚がのっています。

掛かっているソースは醤油ベースの何か?

下にあるのは、牛蒡のムース。

上には、蕪の焼いたん、蕪の酢の物。




スイーツです。甘いソースが掛かっています。

右上のお菓子、中が空洞ですが野菜の香りがする。

コーヒか紅茶。で3000円です。

シェフもよく出て来て、説明して下さる。明るいお方でした。



コメント (0)

 

精華町光台「ポトリエ」

投稿日時:2016.02.27 (土)  06:38:31カテゴリ:食べ歩き(111)

 


フレンチスタイルの出し方なのだが、味付けは和テイスト。

何とも不思議で、美味な料理でした。夫婦で陶芸をされているそうで、自作の器をふんだんに使われています。美的センスは料理にも発揮されていて、色彩的に美しい。




熱々の焼きものには、ほたるいかとホタテの壷焼き風。ニンニクが効いています。酒の飲めない私ですが、お酒が欲しくなる味です。

上のジュレが乗っているのは、にんじんムース。

右のは、イモサラダを円形に成型した上にサーモンが乗っています。

下のハムのようなものは、豚肉に鶏肉を巻いたもの。





カリフラワーと人参をベースにした温かいスープ。

メインの料理は4種類から選べます。




豚バラ。豚と野菜の味のスープ。ホンマにあっさり。

肉は柔らかく煮てあります。



牛タン。デミグラスソース風の色だけど、あっさり和風の気がする。タンも柔らかく煮てありますよ。




鯛のポワレ。酒粕風味。

もう一つ、何だったっけ?

スイーツは、2種類から選べます。




シホンケーキとクリーム




プリンの上に人参のジュレ、その上にグレープフルーツなど果物が乗っています。

と、コーヒーかジュース選べます。


これで、1900円プラス税。


        ポトリエ

結構早く出てきて、2時間くらい。変則的な二部制のおかげかな。入れ替えはしないが、11時30分開始と12時30分開始と時間をずらしています。ここのシェフは若いしすらっとしている。丸いメガネが愛想良い顔に。笑顔が可愛い。お腹一杯になりましたよ。味付けがあっさりしているので、胃もたれは感じません。美味しい野菜が多かったので、健康に良い食事でした。



コメント (2)

 

巨大海老2匹

投稿日時:2016.01.12 (火)  06:13:01カテゴリ:食べ歩き(111)

 

ケンミンショウで知ったカレーうどんを食べに行った。

ここの売りは、巨大(大海老)な海老2匹が、フライとてんぷらにされて、トッピングされている物。カレーうどんの上に仁王立ちしているのである。



どうですか!!

味は、カレーのルーはスパイシーで独特の味だが、美味しい。

麺もコシが有って旨いうどんだ。

大海老は、大きいだけで、あまり旨いとは言えない。

食べづらいし、てんぷらの衣が多過ぎる。

トンカツ屋さんで、大海老を注文するが、何時も、大味である。

中海老が美味しいね。




他にもメニューが一杯。選択の余地は一杯です。

蕎麦もあったよ。三元豚カツ丼も売りのお店です。




この店は、湖南市の1号線に位置し、北側に有る。

兎に角、大きな店である。

順番待ちの客で、玄関はあふれていたよ。

それでも、15分待ちで入店、

注文してから10分ぐらいで出て来た。

            みくりやうどん

湖南市夏美639−1  0748−72−4411

コメント (2)

 

天理のカレー屋さん

投稿日時:2015.12.31 (木)  06:57:59カテゴリ:食べ歩き(111)

 

天理の中心から、西名阪の間の169号線東側にあります。



何時も、家路に通る時、派手な店が、目に入る。

カレー専門店らしい。遂に、誘引されてしまった。

        ラパスカレー

いつも、注文するのは、とりあえず、ロースカツカレー。



ルーがたっぷり、ご飯もタップリ。

カツは大きいけど、薄いしもう一つかな。

ルーは中辛に統一。甘からず、辛からず。

スパイスが効いて美味しい。

腹一杯になったよ。

珍しく、焼きカレー、ロコモコカレー、カレータコライス、カレーナポリタン等、色々有りますよ。

全部試すには、何回ここを通ることになるのか?



店は結構満員に近かったですよ。

コメント (0)

 

天理の有名鰻店「みしまや」

投稿日時:2015.12.26 (土)  08:52:59カテゴリ:食べ歩き(111)

 

噂で聞いていた有名店「みしまや」11時開店。着いたのは、11時11分。



      みしまや




駐車場は、最後の1台のみにギリギリセーフ。



店内は、すでに満員。カウンター席3人分が空いていた。注文して、25分後に出て来た。



上丼1800円です。身は大きくボリュウームたっぷり。身も柔らかく美味しいのは美味しいのですが、何時も食べ慣れている鰻丼ではない。白焼きに少しタレを一回付けただけで焼き上げているようだ。炭火ではなく、ガス火で焼いている。肝吸い、漬物付き。




ご飯には、タレが全面にまぶしてある。

鰻の焼き物とタレの掛かったご飯の2種類の料理を食べているようだ。うなぎと飯の一体感がない。

待合室も満員だ。この人気ぶりには、ビックリ。

出てくるまで、暇だったので、












メニューを全部写しちゃった

焼くのに時間がかかるのだろう。


コメント (3)

 

知っていますか、薄焼き卵の変わった使い方。

投稿日時:2015.12.24 (木)  06:26:06カテゴリ:食べ歩き(111)

 

ケンミンショウで、「大阪府民は、薄焼き卵で包んだ春巻きと天津飯が大好き」と言う場面で、東京一郎とはるみが、大袈裟に驚いていた。私も初めて見たので、早速食べに行った。と言っても随分前の話ですが・・・・




中の具がしっとり、シャキシャキ、ソフトな卵焼きがそれを包んでいる。春巻きの皮が、もう一枚包んで揚げてあるのがミソだ。カリ感を残しつつ、ふんわり感があって、美味しい。

ちなみに、大阪王将です。

コメント (2)

 

精華町のトンカツ屋「かつandかつ」

投稿日時:2015.12.21 (月)  06:09:38カテゴリ:食べ歩き(111)

 

精華町、京阪奈プラザとアピタタウンの間に、百円ショップやレストラン街が、新しく出来ています。焼肉屋、うどん屋、パン屋、居酒屋、とんかつ屋等。一番に行くのは、やはりトンカツ屋さん。




「かつandかつ」




840円ランチ値段です。晩になると1000円だと。

キャベツの切りは素晴らしい。盛りもこんもり。

すりゴマとタレ。ドレッシングは、2種類。

肉質は、柔らかで、美味しい。高い値段を出せばブランド豚があります。

揚げ油はサラッとしてサックリ、油切れ良く、匂わない。

美味いですよ。最初だけかな・・・・・・

コメント (2)

 

久し振りの「以真」、「からく」

投稿日時:2015.12.08 (火)  06:30:44カテゴリ:食べ歩き(111)

 

京田辺にある京料理店へ、ホンマに久し振りブリに行って来ました。

「以真」では、最近、夜の部で3500円のコースが出来ていたので、それを注文。説明は抜きで、写真だけアップします。相変わらず丁寧で、細かい所まで手の込んだ料理でした。美味しい料理を堪能させて頂きました。



里芋の和え物美味い。




真蒸の葛餡かけ




刺身




蕪の煮物。煮かたが抜群。豆乳ベシャメルソース掛け。




雲子(たらの白子)の味噌鍋。




茶飯




スイーツが、出て来て、終わりです。夜のこのコースでは、珈琲が付いていません。知らずに「珈琲は?」と尋ねて、始めて知りました。今回は、無料でサービスして頂きました。ちなみに、400円で、別途注文です。

さて、「からく」夜の5000円のコース。




熱々になっている石の上で焼かれている焼き牡蠣。ポン酢で。




真蒸のお吸い物




お刺身



葛餡かけの蕪蒸し




さわらの西京焼き。紅葉した柿の葉が、鮮やか。むかごの松葉

自然薯の酢の物



てんぷら



鰤しゃぶ



かやくご飯

スイーツは水羊羹でした。

京料理のしっかりした技術が冴えています。

和食は美味しいし、胃に優しい。日本に生まれた事の誇りですね、和食は!!

コメント (2)