恋人達の聖地?

投稿日時:2017.02.10 (金)  22:02:48カテゴリ:歴史探訪(19)

 

奈良へはよく行っていますが、見落としている所が沢山有りそうです。転害門(てがいもん)から西に入る道がありますが、そこを進み、佐保川を渡った所に




聖武天皇陵と光明皇后の陵が並んでいます。




聖武天皇陵はすごく大きなお墓です。




それに引き換え、光明皇后のお墓は小さく、東側に寄り添うように建てられています。

何故ここが「恋人達の聖地」なのか?




上から見て下さい。ハート型になっている。

夫婦仲は良かったかと言うと、外祖父の藤原氏に圧力をかけられ、姉さん女房の光明皇后に頭が上がらなかったとか?

4つも都を遷都し、東大寺大仏殿を建てた聖武天皇。

悲田院、施薬院を作り慈善事業で有名な光明皇后。

何はともあれ、聖地となったのです。

陵墓が、ハート型になったのは、理由が有ります。

中世の戦国時代、陵墓を削って、城を建てた武将がおります。

それが、誰あろうか、松永久秀。

信貴山城の以前の城なのです。

城址には、若草中学校が建っています。




城郭を模した正門。その横に解説の看板が立っている。







少し門内に入ると




石碑が見えます。

階段は真っ直ぐに続いていますが、回り道して天守へ行く構造になっていたでしょう。横の崖が城郭の一部だったのでしょうが、写真に入り切らないほど大きい。

天守からの眺望は素晴らしかったと思う。

東に、若草山、東大寺。西は平城京跡、南は奈良盆地。

学校の屋上を開放して欲しいなぁ。




松永久秀と言う人は、城を作るのが好きだったらしい。復元図がないのが惜しい。

戦国時代には、古墳の上に陣を敷いたり、山城を建てたりされたらしい。

下克上の代名詞のような久秀ですが、光明皇后の陵墓の端っこだけ、遠慮がちに削って城を建てた?

主君や文化財や茶の湯を大事にした人だったのかも?




コメント (2)

 

奈良県五条市

投稿日時:2016.03.19 (土)  06:38:17カテゴリ:歴史探訪(19)

 

市内にある「金剛の湯」に入る。



こじんまりとした銭湯ですが、100パーセント源泉のお湯で、湯船の岩が湯の花で、石灰化していています。まったく、温泉地の風情である。入った途端、肌がヌルッと来ます。リバーサイドホテルの裏にあるこの銭湯は付属施設なのかな?井上陽水が、ここに泊まってあの歌を作ったとは思わないが、思わずあの曲を口ずさんでいた。良い湯でしたよ!!

後は、市内の新町通りを見物に

銭湯の横に、



こんな遺物が、



と言う事らしい。

紀州街道沿いに残る町並み。江戸時代の建物が77棟あるそうです。





















この横を流れる吉野川は、大きく広い。河川敷きが広がっていて、吉野の山がゆるやかな屏風のように、背景になっています。



明治維新発祥之地と書いた尖塔状の看板が24号線に

、目立つように建っている。

代官所の長屋門が、民族資料館に成っている。

と言っても、代官所は天誅組によって、焼失。その後すぐ長屋門だけ再建された。

天誅組の資料が展示されています。




金剛山の五條からの眺望。朝通った時は、頂上付近真っ白でしたよ。

コメント (3)

 

賀名生(あのう)の里 歴史民族資料館と梅林

投稿日時:2016.03.18 (金)  08:07:49カテゴリ:歴史探訪(19)

 

梅が散り始めと聞いて、急いで見に行きました。

奈良県五条市から十津川へ向かう、168号線の少し行った所に有ります。

南北朝時代、南朝が穴太(あのう)に行宮所を建て、後醍醐天皇が入ったと言われるが、堀家の屋敷に滞在したのが実情らしい。



扁額には、皇居と書かれている。

天誅組の吉村虎太郎が書いた。



歴史民族資料館です。新しい建物です。

さて、梅林ですが、全山2万本と言われる。何しろ、梅干の梅ですから、白が多い。白雲たなびく風情です。細い山道が斜面を走り、高い所にへばり付くように、家が散在する。























てな感じで、歩けば、2〜3時間かかるそうな。

草餅、おでん、漬物など、軒先で売っていますよ。

今週末で、梅は終わりそうです。

コメント (2)

 

葛城再訪

投稿日時:2016.02.05 (金)  08:02:42カテゴリ:歴史探訪(19)

 

一度訪れ、ITで調べると、見落としや、こんな所あるんだと言うことがよくあります。葛城の道の「九品寺」の裏に「千体石仏」があります。




これは、なんぞや?




えらく斬新な灯篭である。




千体あるのかな?




こんな観音様も。南天が台座の下の敷石の隙間から生え、光背のようになっている。




南北朝時代、北朝と戦った時、地元の人々が身代わりに奉納したと伝えられ、そのため身代わり石仏とも呼ばれています。




高天彦神社の左横にあった得体の知れぬ岩に注連縄。

調べると土蜘蛛の遺体が埋められている塚だとか。長臑族、土蜘蛛族は、足が長く、手も長い土着の先住民と言われる。

ヨーロッパ、メソポタミア、中央アジア、シベリヤと移住して来た「縄文人」のような気がする。




24号線と30号線の間に、葛城古道がある。

室町時代の武士の屋敷の跡「中村邸」や、醤油屋、酒屋が、昔ながらの佇まいで、業を営んでおられる。




高鴨神社の横にある「そば小舎」。前に来た時は、売り切れ御免でした。




鴨神そば、一本挽き(挽きぐるみ、全粒粉)のあじわい

太くて、黒い麺。とろろと梅のぶっかけを注文。

硬いけど、美味しい麺でしたよ。




広大な駐車場。それもそのはず、アクアゾーン(プール等)

を含む総合施設だ。食事処もあるし、カラオケ施設も、マッサージも・・・・

平日にも係わらず、かなりの人が来店している。

浴場も多くの種類が取り揃えている。

小さいながら源泉の湯もある。泉質は良いようです。



コメント (4)

 

三上山に登る

投稿日時:2016.01.29 (金)  08:54:04カテゴリ:歴史探訪(19)

 

眺めているだけで美しい近江富士。

御上神社から見る近江富士は




こんな形です。男山と、女山と言われて二つ並んでいます。

女山が前に有る所、後ろに隠れている所から見れば、富士型に見えます。



御上神社の鳥居



山門




国宝の本殿

祭神は皆天孫族で、一人、菅原道真が祭られています。

方向は、後ろが北を向いています。

三上山全体も御神体なのですが?

方向は一致していません。

とりあえず、登ってみます。





裏道の方が楽だそうです。私は表道を行きました。




表道の登山口から少し登った所に大きな岩が有ります。

魚釣岩。ここで、神様が釣り糸を垂れていたと。

昔、昔、この辺りまで水辺だったと言う事を物語っている。




表道は、岩だらけで、最大の見所は「割岩」。

この細いスリットは太っている人は、抜けられません。


眺望の良さは山頂寸前の岩場。




眼下に、御上神社の森が見えます。




新幹線の列車が、走っています。




遠くに、比良山系が薄っすら雪化粧しています。

ちょっと、登ると




御神体の岩磐。




頂上の祠。




と、言うことです。




楽な裏道を降りて行く途中に、「くちなし」の実が成っていましたよ。登って、降りて、2時間の行程でした。




守山にある天然温泉で、身体を休めに。何だか知らないが、ここの名物は十割蕎麦の大名蕎麦。メニューも蕎麦が多い。

ここの料理は旨かったですよ。蕎麦もね!!









コメント (2)

 

太郎坊宮(追伸)

投稿日時:2016.01.16 (土)  07:56:14カテゴリ:歴史探訪(19)

 

後で、解ったことですが、太郎坊宮の御神体岩山の頂上に行く道がある。700mと書いてあったが、ぐるっと迂回する山道は、意外と遠く感じた。遂に登頂。




何も御座いません。注連縄もなければ、頂上の立て札もありません。でも、ここからの眺めは、神秘的です。




何とも言えぬ雲と陽の階段が、神の降臨を思い起こさせる。


コメント (4)

 

金勝山(こんぜやま)ハイキング

投稿日時:2016.01.15 (金)  09:09:55カテゴリ:歴史探訪(19)

 

随分以前、朝日新聞に「狛坂摩崖佛」の事が掲載されていた。

第二名神のトンネルの上に位置しているのが、この仏さん。

この仏さんを見るために、地図を片手に、歩き始めました。

こんぜの里道の駅から、金勝寺に行きました。




平安前期の古刹。




山門。赤い仁王さんがおられました。御堂は大したものではありませんが、安置されている仏像は、すべて重要文化財でしたよ。車が行ける最終地点、馬頭観音堂へ。




ここの駐車場からの景色。




三上山。近江富士とも言います。




競馬の栗東トレーニングセンター。

いざ、歩きだ。




八大龍王社。かたわらに龍王山がある。




茶沸観音。




重ね岩。




国見岩から望む天狗岩。下の岩の塊りです。天狗の鼻が突き出ているでしょう。




こんな道を上がったり、下がったり。1時間弱歩く。

最後の下りが急だった。遂に、到着。








この辺りに寺院が有ったのですが。明治維新の廃仏毀釈で壊されたそうです。立派な摩崖佛です!!




帰る途中。琵琶湖大橋が遠望出来ましたが、霞んでいます。

コメント (3)

 

東近江市の巨石遺跡に初詣

投稿日時:2016.01.11 (月)  06:31:04カテゴリ:歴史探訪(19)

 

太郎坊宮と言う神社が、東近江市の西にあります。

平野の中に聳え立つ岩山が、目の前に。




何故こんな所に、巨石の山が!!不思議だが、昔火山が有って、この山が中心で、噴火したらしいと、中腹の説明板に書いてあった。



階段を登る。




階段を登る。




階段を登る。




階段を登る。




階段を登る。




登る、登る




これが、真っ二つに割れた「夫婦岩」か。




割れ目の向こうに本殿が有るらしい。




悪心を持つ者は岩に挟まれるそうだ。




岩肌が赤いのが解りますか?

この山、「赤神山」と呼ばれています。

丹朱の鉱脈を採取した後が割れ目に(私の想像)。

日本全国の修験道の聖地と言われる場所はこの丹朱(水銀朱)の古代の産出地であるとも言われております。





本殿へと続く最後の階段。

正哉吾勝勝速日天忍穂耳大神

マサカアカツカチハヤヒアメノオシホミミノオオカミ

祭神の名である。

伊勢神宮の天照大神の第一皇子神。

人間でいう長男にあたります。




崖にギリギリ建てられています。




頂上がすぐそこに有ります。




ここから望む琵琶湖側の平野(蒲生野)。




天孫降臨の光景を思わせる。

近江にも天孫降臨の候補地が有りますが、ここの事か?




天狗がこの山を御守りしていたとか。その祖先と言えば




役の行者。

他にも七福神、福助等、目出度い神が祭られていますよ。勝運、商売運、何でもござれ。神様のオンパレードですよ。

車で、頂上付近まで来られますよ。





コメント (2)

 

初詣、葛城古道

投稿日時:2016.01.04 (月)  07:10:44カテゴリ:歴史探訪(19)

 

行った事のないこの辺、大和に王朝が置かれる以前の豪族の祖先の神社や、新しい寺があります。このあたり、土蜘蛛、長脛族、鴨族、葛城族が本拠にしていた。神武天皇の大和平定に敗れた者、協力した者の違いがあります。



土蜘蛛、長脛族の本拠地を示すのは、この碑だけ。

協力した側の神社は



鴨族の祖神社「高鴨神社」だ。京都の上賀茂、下賀茂神社の親神社です。



りっぱな神域の雰囲気。菊の御紋も有る。



御神体は、後ろの御山なのですが、本殿が有り、極彩色。

この横に歴史館が有り、そばをやっていたが、

売り切れていた。残念!!




一言主神社。葛城族の神社。





願いが一つ叶えられるとあって、参拝者が多い。菊の御紋が有りますよ。



ここの銀杏の神木、乳の出ない人の神様です。




次は「高天彦神社」



千年の歴史を感じる杉の参道。



りっぱな建物ではありませんが、菊の御紋が有ります。

祭神は、天孫族ですからね.

この参道の近くに、蜘蛛窟の碑があるのです。

金剛山の中腹に位置する場所は、




高天原、天孫降臨の一つの候補地。



この道から見る金剛山、葛城山を望むと、

太古の荘厳さを感じる

この辺りに橋本院と言う高野山真言宗の寺が有ります。



その裏庭に、蝋梅が咲いていましたよ。

良い香りが漂って来ます。





アレレ、



桜も咲いています。道すがらにも、紅梅を見つけましたが・・・・




遥か彼方に、畝傍山が見えます。

葛城古道の初詣、歩いた歩数は9000歩でした。

かもきみの湯(鴨君之湯)に行こうと思いましたが、満員で、諦めました。

鴨【かも】と称されたその地域は、南は金剛山麓に鎮座する高鴨神社【たかがもじんじゃ】から、北は葛城山麓・鴨山口神社【かもやまぐちじんじゃ】、東は鴨都波八重事代主神社【かもつばやえことしろぬしじんじゃ】に及ぶ、金剛・葛城山麓一帯の呼称でした。このようなことから、葛城の鴨神奈備【かものかんなび】と称された“鴨”の地に、人々が会い集う場所として、葛城の郷 鴨君之湯【かもきみのゆ】と命名しました。

あぁー、浸かりたかったーー


コメント (3)

 

唐古・鍵遺跡

投稿日時:2015.12.30 (水)  06:47:12カテゴリ:歴史探訪(19)

 

天理から西、田原本に唐古・鍵遺跡があります。京奈和道と旧24号線に分かれるのですが、旧道24号線を南下しますと、



道路からも、左手に見えて来ます。



この楼閣は、20年程前に建てられたもの。

10年前に、ここから発掘されたものを展示するミュージアムが出来た。この遺跡をもう少し南下すると、左手(西)に、田原本青垣生涯学習センターがあります。公民館と図書館と弥生ホールを併せ持つ複合施設の中に、ミュージアムはあります。2階です。





再現模型。



地中の残った弥生時代の支柱。




発掘された頭蓋骨から、弥生人の復元像。




壺に描かれた女性シャーマン。

何故解るって?ホト(女陰)が丸出し。

再現模型が、飾ってありましたよ。

「大丈夫ですよ、穿いていますよ!!」




とにもかくも、大昔は、ホトは豊穣の象徴ですから・・・・

アマノウズメが、下半身を露出して、踊っていたのは、

普通の事だったのであろう。




壺に、文字か記号と思われるものが彫られている。




土器片に描かれた絵。




この土器片から楼閣を再現。2階部分は想像だそうです。




こんなに緑の濃い美しい勾玉を見たことがない!!!

それにも増して面白いのは、粘土で作った扁壺に褐鉄鉱の粉末を表面に付けた焼き物に蓋を付けた宝石箱。




銅鐸の鋳型。




鎌を腰に付けた男子像と馬の埴輪。




盾を持つ兵士。




刺青を入れた兵士の顔。

他にも、たくさん展示品が有ります。

ほんの一部ですよ。



コメント (2)