寒い朝に、陶芸教室

投稿日時:2014.01.29 (水)  07:57:35カテゴリ:教室(54)

 

山城大橋を9時過ぎに通過。マイナス1度の表示。
1月28日(火)は、井手町人権交流センターで、陶芸教室。
準備していると、絵の具の液体が、凍っていた。
車の中は、野外と同じ寒さなのだろう。
今回は、ご飯茶碗の大小二つ。
指導するのに、忙しくて、やっている時の様子は、撮れなかった。


机の上に、並べられた作品。
絵付けだけですが、要望が多岐にわたって、大変で御座います。



やれやれ、やっと出来上がったか、ほっこり。
皆さん、出て行きます。

コメント (0)

 

10月22日の和束陶芸教室の搬入

投稿日時:2013.12.06 (金)  21:06:31カテゴリ:教室(54)

 

和束、笠置、南山城町3町連合の教育委員会の陶芸教室の作品が、出来上がった。12月6日に、納入。



スタッフも参加されており、自作を持ってニッコリ。他の方の出来映えにも、満足されたようで・・・・・・「ほっ」
笠置の鍋フェスタご苦労さん。大変な人出だったらしい?
私も、食べに行きましたが、小さな町に人が溢れ、大変で、ございましたよ。早い時間に売り切れ続出。帰る時には、交通渋滞。
食べることには、行列しなあかんし、大変でございます。

コメント (2)

 

いづみ人権交流センターにて蕎麦教室

投稿日時:2013.12.04 (水)  09:00:14カテゴリ:教室(54)

 

12月2日(月)午前の部と夜の部が開催されました。



午前の部は、女性ばかり9人。

 






どうですか、四角にきれい伸ばして!!
女性は、ちゃんと説明どうりやってくれるし、立ち止まって、聞いてくれる。蕎麦切りも細く、均一に切れていました!!驚き!

夜の部は、男性8人、女性2人。
男性は「いらち」が多くて、待ってくれず、どんどん先に進んで行きます。どうにもならない状態になります。早く終わったのは良いのですが、指導が、行き届かなかったのが、残念です。

コメント (0)

 

城陽市今池コミュニティーセンターにて、そば教室10月27日(日)

投稿日時:2013.10.28 (月)  08:32:14カテゴリ:教室(54)

 

今回で、5回目を迎えて、変わった事と言えば、女性の参加者が多い事。話を聞くと、募集の時に、女性でも簡単に出来そうに書かれていたそうです。男は、暴走する方が多いのですが、女性は、ちゃんと、説明を聞いて、その通りにやっていただけます。



男性は、ちらりと女性軍を見やり、習っているようです。




上手に広げておられますよ!!



そば切りも上手に細かく切れていますよ。
今回は、うどんのような太さの方は、おられません。
料理されておられる方は、切りも上手にできるようですね。
宗館長のお手伝いも有り、スムーズに、事は進みました。
少し、ちゃちゃが入りましたが、ご愛嬌・・・
協力有難うございました。

コメント (0)

 

東日本大地震チャリティバザールに参加

投稿日時:2013.10.26 (土)  08:48:01カテゴリ:教室(54)

 

兜台にあるベラシティハウス教室の作品を販売。10月19日(土)一日だけの催し。売り上げの50パーセントが寄付される。場所は、京阪奈記念公園。ブラスバンドや、ジャズや、グループサウンズ等演奏されておりました。食べ物や、マッサージ、木工品、絵葉書、フェースペインテイング、古いもの、風船細工等。雨模様の中、盛大に開かれておりました。



生徒の皆さん、販売は初めて、接客も初めて。
如何なる事に?
子連れのお母さんが、多かった。
客層の違いを感じる。
手作り作品の良さを感じる若い女性に売れていましたよ。
意外によく売れていたようですね。

コメント (0)

 

可愛い生徒さん、蕎麦打ちに挑戦

投稿日時:2013.08.09 (金)  23:12:25カテゴリ:教室(54)

 

友人のお孫さんが、夏休みの自由課題の宿題に、蕎麦打ちを選んでくれた。10代になったばかりのお嬢さん。少しお手伝いしましたが、最後まで自分でやり遂げましたよ。



混ぜる手が、ちぃちゃい。モミジのような手だ。



揉みには、少し、てこずっている様子。

伸しは、撮るの、忘れてた。

問題は、「切り」だ。





最後まで行くかな?

少し太めの麺でしたが、何とかやり遂げてくれました。
頑張りましたね。

コメント (0)

 

設計図が、思い浮かばない生徒さん

投稿日時:2013.07.30 (火)  22:44:51カテゴリ:教室(54)

 

大正池グリーンパークに宿泊の男女七人の陶芸教室での体験です。大体、作られるのは、マグカップ、湯呑、御飯茶碗の類ですが、一人の女性の作品は、ユニークだった。



お香を焚く道具なのですが、作り方を指導するのに、彼女の頭の中の設計図が読めない。ちぐはぐな指導にもかかわらず、熱心に時間をかけて作り上げました。

他にもユニークな作品



男性の作品ですが、静に、黙々と丹念に丁寧に積み上げ、作っておられましたよ。
釉薬の指定は、ピンクでした!!

女性の方は、ブログ顔出しOKですとの事。





さて、あの作品を作ったのは、誰でしょう?

コメント (2)

 

井手町の陶芸教室

投稿日時:2013.02.16 (土)  08:34:03カテゴリ:教室(54)

 

先月28日(月)に、絵付けの教室が、井手町いづみ人権交流センター於いて、開催されました。描きたいデザインを持って来られる方、写真を、広告を、色々持参されます。手に負えないものには、お手伝いさせて貰っていますが、自力で、最後までやり遂げる方もおられます。絵付け後の作品は



これです。2月末には焼く予定です。

コメント (0)

 

世代を越えた愛?

投稿日時:2013.01.26 (土)  08:46:05カテゴリ:教室(54)

 

我陶芸教室での、作品。



御孫さんのために、お雛様を作られる方が、一人。
釣られて、何人か人が、チャレンジ。出来たのが、これ。



老老介護のお母さん、自分のお母さんの為に、介護用カップの試作。左手で持って、右手でスプーンを握り、口に当てて食べるそうです。これでこぼれるのが、防げるのでしょうか。
世代を越えた愛を感じる作品です。

コメント (0)

 

ベラシティハウスでの最終教室は、宴会で、締め

投稿日時:2012.12.17 (月)  08:13:39カテゴリ:教室(54)

 

カレンダーの加減で、今年最後の教室となった15日(土)は、例年通り、少し早い忘年会。残った削りの作業を早い目に仕上げ、昼の宴会に。生徒さんの持ち寄り宴会である。



赤ワインに、りんごとチーズが、よく合うそうです。漬物、牡蠣の佃煮、野菜サラダがずらりと並びました。
私は、ピザとざる蕎麦を担当。



締めのコーヒー&スイーツは、
生徒さんであり、オーナーのKさんの手づくりクレープのミルフィーユは、こだわりのマロン生クリーム。



こだわりのクリームは、市販のケーキ屋さんに無い味です。
これだけは、いつも、感心しています。美味しい!!

              ホームページ

コメント (0)