案内板の守護神登場

投稿日時:2009.10.14 (水)  20:11:06カテゴリ:交友の輪

 

MIYAさんに看板、案内板を作って貰った。が、南有王へ、峠まで行ってしまうお客さんがいる。看板に矢印が必要だなと思った。大きな道から、入って直ぐの分岐点に案内板も作って貰ったが、少し目立たない。木の色が、地味だったのだろう。何でも作って、配置して、見て見ないと解らないものだ。

私の守り神は、猫。招き猫は、どうだろう。客を招いてくれる。白い体に赤は、よく目立つ。でも、白く塗ってしまうことに、作者には、抵抗感が、あったようで、なかなか、出来上がってこなかった。彫刻するのにも困難に陥っていたようだ。良いものを作ろうと言う気持ちが、ジレンマとなり、進行を、遅らせたようです。何とか、仕上げてくれた。



配置してみれば、なかなか面白い良き出来栄えではありませんか。



作者も出来栄えに破顔一笑。



入り口ですよ。上には行かないで。



作品は、往々にして、作者に、似る。と、言いますが・・・
作者は、否定する。

私は、気に入っていますが、作者は、どう思っているのでしょう?

MIYAさん  のブログを見て下さい

記事を遡って見てください。本業では、もっと、素晴らしい仕事をなさっています。



■コメント


やっぱり「クスッ」ですよ。でもってMIYAさんにお会いして「ん?似てる!」  それはそうと昨日はお疲れ(我々に授業して)のところをご案内いただきありがとうございました。素晴らしい景色が今も目に焼き付いています。また、MIYAさんにお出会い出来たことも嬉しい一つでした。
 同じお腹から出てきたのにこんなにも違うのかと言うほど3人3様、それぞれ個性的ですが一番宇宙人らしいのが末娘です。

投稿:chiko  2009.10.16 (金)  21:03:21


MIYAさん
頑張り過ぎなのですよ。簡単に、依頼主の要望どうりやってくれれば、良いのに、作品を作ろうと思うからですよ。そこが、あなたの良い所であり、堅い所でもありますな。平板より、半彫刻の方が、より良いのは、解っているが、そこまで、面倒な事頼めないと思った。依頼者と作者の思いのバトルが、この「まねき猫」。
良きにつけ、悪しきにつけ、紛れも無くあんたの作品だ。
依頼が来たらどうするの?何か、「クスッ」と笑える面白さが有る。

投稿:roppi  2009.10.16 (金)  20:07:27


chiko様
「クスッ」どういう意味かな?
よく目立つようになったでしょう!!
宇宙人の子は、宇宙人とは限らないですよ。
娘さんは、宇宙人でも、他のお子様はどうですか?

投稿:roppi  2009.10.16 (金)  19:38:37


思わず「クスッ」。でもこれでよくわかります。大きい道から入るとき私も二度ほどまっすぐ行ってしまったので・・・。明日が楽しみです。     ある欄で私の末娘を紹介するのに「宇宙人」とあります。これ、親も認めています。その親ですからねえ。

投稿:chiko  2009.10.14 (水)  20:23:16


■コメントを書く