カツつながりで、ビフカツを「恒づね」で食べる

投稿日時:2010.04.30 (金)  23:13:23カテゴリ:食べ歩き

 

カフェメニューのビフカツサンドで有名な「恒づね」へ、ランチを食べに行きました。鉄板プレートで焼くビフカツプレートなるものを注文。



揚げ出し豆腐 餡かけに生姜味 豆腐に山芋が入っているら
         しく、もっちりした食感。不思議な舌触り。



ミニスープ



右下のが、ビフカツ。思っていたのとは大違い。チーズがたっぷり乗って、トンカツとは違う衣。サクサク、カリカリでもない。何か、湿っている感じの衣。ヘレ肉なのだろう。厚みは2.5
CMぐらい、ジュウシーで柔らかく美味しい肉だ。右上には、玉葱の丸焼きの四分の一が、味付けなしで甘い。ミニカツサンド用のパンも用意されている。
ご飯かガーリックトーストを選べる。パンは柔らかくて旨い。



スイーツ  楽房デザートとコーヒー
テイクアウト専門店(楽房)が店の前にある。そこで、ロールケーキやガーリックトーストに使ったパンがバケットで買える。
2500円です。
妻はいつも一番安いメニューを選ぶ。
1950円のステーキセット





スイーツにロールケーキがない。デザートだけ妻と交換。
 
  ステーキカッポウ 恒づね

をクリックして、情報を得てください。
307号線津田駅方面に向かって(西)大黒屋と言う和菓子屋さんが左側(南)にある。過ぎて直ぐの信号を左(南)に曲がって、しばらく行くと、信号の角地に有ります。そのまま行くと、枚方南スパと言うスーパー銭湯があるので、その道標に従って行けば簡単です。

   






■コメント

コメント記事はありません。


■コメントを書く