住吉大社

投稿日時:2015.03.30 (月)  06:41:16カテゴリ:日帰り旅

 

川喜多半泥子展を見に行って来ました。

アベノハルカスの16階で。

三重県津市の出身で、木綿問屋の子息。銀行の頭取にまで

上った人です。

趣味の陶芸?幅広い、文化素養を生かした彼の遺産と

交流の有った作家達の作品が並んでいました。

天王寺まで来たので、住吉大社と四天王寺へ行きました。



阪堺電車に乗った。浜寺公園まで一律210円。

堺市の補助でこの価格が維持されている。



住吉大社鳥居前駅。車両は、新しい物から、

明治の物かと思われる古い物まである。

風情があって、京都に有った市電を思い出す。



この鳥居、柱が四角なので有名。


住吉大社

第三本宮が正面に見える。

その右横に神功皇后の第四本宮が有る。

第一本宮 底筒男命

第二本宮 中筒男命

第三本宮 表筒男命 

イザナキの尊が黄泉の国から逃れ、海に入って、穢れを潅ぐ。

その時生まれた神。

その後に、天照大御神、月読神、スサノオが生まれた。



住吉造

御本殿は「住吉造」といわれており、神社建築史上最古の特殊な様式で国宝に指定。3つの特徴からなります。

1) 柱・垂木・破風板は丹塗り、 羽目板壁は白胡粉塗り
2) 屋根は桧皮葺で切妻の力強い直線
3) 出入り口が直線型妻入式

屋根には置千木と5本の四角堅魚木があります。周囲に迴廊なく、本殿の周囲には板玉垣、その外に荒忌垣があります。
柱は太い丸柱で礎石の上に立っており、柱間は横板張りで、正面より前が外陣、奥が一段高い内陣と二室あります。




横からの本殿。第二本宮、第三本宮。




これが、第一本宮。格式が、一番古く、大きい。




 後方には、校倉造の建物が有る。



巫女とは呼ばずに「神楽女」 (かぐらめ) と呼んでいます。住吉大社は伊勢の神宮や春日大社など古社とならび、伝統ある神楽を継承しており、その神楽舞に奉仕するのが神楽女です。神楽を舞うことで神霊を神楽女に御招きする意義がありますので、頭上には鏡を中心に、神木である「松」が掲げられ、神使の「白鷺」が飾りつけられています。鏡の中に私がいますよ。その下は太陽の日の出だそうです。



反橋

住吉の象徴として大変有名で太鼓橋 (たいこばし) とも呼ばれ石の橋脚は慶長年間に淀君が奉納したものであるといわれております。昔は、この橋の近くまで波が打ち寄せられていたそうです。この橋を渡るのは、神さまに近づくのに罪や穢 (けが) れを祓 (はら) い清めるためです。反っているのは、地上の人の国と天上の神の国とをつなぐ掛け橋として、虹にたとえられていました。




楠の神木が、幾本か有って、これを見て「あっ、相生の松と同じだ」と思ったら、やはり、「夫婦楠」と書いてあった。


天王寺に戻って、てくてく歩いて、四天王寺へ。

鳥居の扁額が、箕の形になっています。

全ての人々を救済する為だそうです。

西に向かって建っていますから、

西方浄土からの入り口と言う事でしょうか。






その伽藍配置は「四天王寺式伽藍配置」といわれ、南から北へ向かって中門、五重塔、金堂、講堂を一直線に並べ、それを回廊が囲む形式で、日本では最も古い建築様式の一つです。その源流は中国や朝鮮半島に見られ、6〜7世紀の大陸の様式を今日に伝える貴重な建築様式とされています。




六時礼讃堂

境内中央に位置する雄大なお堂で、昼夜6回にわたって諸礼讃をするところから六時礼讃堂の名があります。薬師如来・四天王等をお祀りしており、回向(供養)、納骨等を行う当寺の中心道場でもあります。入口には賓頭盧尊者像やおもかる地蔵が祀られ、独特の信仰を集めています。

大阪大空襲の被害を免れた飛鳥時代の建物です。

聖徳太子ゆかりのお寺ですから、宗旨は、和宗。

十七條憲法の第一條「和を以って貴しとなす」から。

仏教の総始祖を回向しているそうです。




四天王寺の甍の上に、アベノハルカス。



■コメント

コメント記事はありません。


■コメントを書く