初詣、葛城古道

投稿日時:2016.01.04 (月)  07:10:44カテゴリ:歴史探訪

 

行った事のないこの辺、大和に王朝が置かれる以前の豪族の祖先の神社や、新しい寺があります。このあたり、土蜘蛛、長脛族、鴨族、葛城族が本拠にしていた。神武天皇の大和平定に敗れた者、協力した者の違いがあります。



土蜘蛛、長脛族の本拠地を示すのは、この碑だけ。

協力した側の神社は



鴨族の祖神社「高鴨神社」だ。京都の上賀茂、下賀茂神社の親神社です。



りっぱな神域の雰囲気。菊の御紋も有る。



御神体は、後ろの御山なのですが、本殿が有り、極彩色。

この横に歴史館が有り、そばをやっていたが、

売り切れていた。残念!!




一言主神社。葛城族の神社。





願いが一つ叶えられるとあって、参拝者が多い。菊の御紋が有りますよ。



ここの銀杏の神木、乳の出ない人の神様です。




次は「高天彦神社」



千年の歴史を感じる杉の参道。



りっぱな建物ではありませんが、菊の御紋が有ります。

祭神は、天孫族ですからね.

この参道の近くに、蜘蛛窟の碑があるのです。

金剛山の中腹に位置する場所は、




高天原、天孫降臨の一つの候補地。



この道から見る金剛山、葛城山を望むと、

太古の荘厳さを感じる

この辺りに橋本院と言う高野山真言宗の寺が有ります。



その裏庭に、蝋梅が咲いていましたよ。

良い香りが漂って来ます。





アレレ、



桜も咲いています。道すがらにも、紅梅を見つけましたが・・・・




遥か彼方に、畝傍山が見えます。

葛城古道の初詣、歩いた歩数は9000歩でした。

かもきみの湯(鴨君之湯)に行こうと思いましたが、満員で、諦めました。

鴨【かも】と称されたその地域は、南は金剛山麓に鎮座する高鴨神社【たかがもじんじゃ】から、北は葛城山麓・鴨山口神社【かもやまぐちじんじゃ】、東は鴨都波八重事代主神社【かもつばやえことしろぬしじんじゃ】に及ぶ、金剛・葛城山麓一帯の呼称でした。このようなことから、葛城の鴨神奈備【かものかんなび】と称された“鴨”の地に、人々が会い集う場所として、葛城の郷 鴨君之湯【かもきみのゆ】と命名しました。

あぁー、浸かりたかったーー




■コメント


造詣は深くありません。兄が謡をやっていて健康のためにやらされていただけです。観世会館の舞台にも立ちましたよ。

ヨクジョウ・・・わかる。

投稿:ホワイティー  2016.01.05 (火)  21:37:23


ホワイティー様
謡曲に造詣が深いとは、知りませなんだ。
謡曲の話は、後の人の創作偽話ですね。
混浴なんてありません。地方のスパですよ。地方にしたら、大きな浴場です。ヨクジョウ?

投稿:roppi  2016.01.04 (月)  22:19:23


土蜘蛛も葛城も謡にあり、昔、仕舞を舞いました。 能の土蜘蛛は見がいがあります。

混浴だったから?

投稿:  2016.01.04 (月)  20:34:02


■コメントを書く