葛城再訪

投稿日時:2016.02.05 (金)  08:02:42カテゴリ:歴史探訪

 

一度訪れ、ITで調べると、見落としや、こんな所あるんだと言うことがよくあります。葛城の道の「九品寺」の裏に「千体石仏」があります。




これは、なんぞや?




えらく斬新な灯篭である。




千体あるのかな?




こんな観音様も。南天が台座の下の敷石の隙間から生え、光背のようになっている。




南北朝時代、北朝と戦った時、地元の人々が身代わりに奉納したと伝えられ、そのため身代わり石仏とも呼ばれています。




高天彦神社の左横にあった得体の知れぬ岩に注連縄。

調べると土蜘蛛の遺体が埋められている塚だとか。長臑族、土蜘蛛族は、足が長く、手も長い土着の先住民と言われる。

ヨーロッパ、メソポタミア、中央アジア、シベリヤと移住して来た「縄文人」のような気がする。




24号線と30号線の間に、葛城古道がある。

室町時代の武士の屋敷の跡「中村邸」や、醤油屋、酒屋が、昔ながらの佇まいで、業を営んでおられる。




高鴨神社の横にある「そば小舎」。前に来た時は、売り切れ御免でした。




鴨神そば、一本挽き(挽きぐるみ、全粒粉)のあじわい

太くて、黒い麺。とろろと梅のぶっかけを注文。

硬いけど、美味しい麺でしたよ。




広大な駐車場。それもそのはず、アクアゾーン(プール等)

を含む総合施設だ。食事処もあるし、カラオケ施設も、マッサージも・・・・

平日にも係わらず、かなりの人が来店している。

浴場も多くの種類が取り揃えている。

小さいながら源泉の湯もある。泉質は良いようです。





■コメント


3人もおる〜〜〜!

投稿:ホワイティー  2016.02.06 (土)  22:54:31


ホワイティー様
小亡さん(一つの字にすると、忙しい)
確かに狸に見えますね。
タバカレヌようにご用心!!
これから、コナキさんと呼ぼうか・・・・

投稿:roppi  2016.02.05 (金)  21:30:41


ホワイティー様
本当に、福を呼ぶ灯篭なのかも。何かパワーストーン巡りをしている気持ちになって来ましたよ。

投稿:roppi  2016.02.05 (金)  21:18:46


名前をマメムさんになさっては?
今日本物のふくろう見ました。得体の知れない岩はタヌキに見えますが。

投稿:ホワイティー  2016.02.05 (金)  17:36:30


■コメントを書く