和洋折衷料理 南蛮亭

投稿日時:2016.02.20 (土)  07:02:39カテゴリ:料理

 

一年ぶりに来訪。今度は、夜の食事。昼間は、いつも満員ですが、夜は、空いています。日曜日に予約したのですが、一組でした。昼間は、3時間かかったのですが、晩は2時間で済みました。

ここの料理の味付けは優しい。家庭的と言うか、色んな豊かな食材が使われている。ホンマにお腹一杯になってしまう。



魚そうめんの吸い物




前菜かな。真ん中の白和え。右はシュウマイ。左は出汁巻きとさつまいもの甘煮。上は鴨の寿司。下はクリームコロッケのようなミンチボール。全て、普通のメニューだけど、一ひねりの味




ロールキャベツの真ん中に牡蠣が入っています。トマトスープです。




真蒸はカニ入りの魚のすり身。伝統的な日本料理だ。




フレンチのような盛り付けの魚料理。ソースはあっさり。

凝った料理が折り重なっている。すべて優しい味付けだ。




肉はヘレのステーキ。器も暖めてあるし、ソースはニンニク醤油でオーソドックスで良い。




赤米に味付けゴマが振ってあり、香ばしい。漬物美味い。

味噌汁赤出汁で、すこし濃い。




スイーツはあずきのムースとクリームの入ったケーキ。




コーヒーは天目台のような器で、面白いね。

料理の材料、内容、すぐに忘れてしまう〜〜〜

夜は4200円プラス税金です。

夫婦でやっておられる。料理はご主人、お運びは奥様。

オリジナルの料理の種類の多い事。

手を抜かない姿勢が見て取れるが、大変だなーと思う。

もう30年やっておられるとのこと。

お店も3遷して、ここに落ち着いたとのこと。

聞くと、ご主人65歳だとか。70歳まではと・・・・・・・・


       南蛮亭

近鉄奈良駅から、やすらぎロードを北上15分、法蓮仲町交差点の手前西側の駐車場の裏(西)の住宅地にある隠れ家。

ホンマに隠れ家!!解り難い所にある。



■コメント


ホワイティー様
歯が浮いていたのは、これが原因だったのか!!

投稿:roppi  2016.02.25 (木)  07:28:42


私はRoppiさんの手料理を食べているときが至福の時です。な〜んちゃって!

投稿:ホワイティー  2016.02.23 (火)  22:14:26


ホワイティー様
本当に、美味しいものを食べていると、至福を感じますね。
自然に笑みがこぼれ、ヨダレを垂らして、食べましたよ。
でも、一夜限りのほんの幸せなひと時。残らない芸術だね。

投稿:roppi  2016.02.22 (月)  21:25:17


わかりにくいところまでよくお出かけに。でも、それが元気の素ですね。

投稿:ホワイティー  2016.02.22 (月)  20:09:38


■コメントを書く