宮川香山展

投稿日時:2016.07.24 (日)  06:48:53カテゴリ:日帰り旅

 

大阪市立東洋陶磁美術館へ行って来ました。




宮川香山と言えば、江戸時代生まれ、京都真葛ヶ原の陶工。

明治時代に入り、富国強兵、殖産興業が謳われ、輸出用陶磁器を製作し、万国博覧会に出品。

横浜に大規模な工房「真葛窯」を設立。

国を背負った作品群ばかりである。

中でも、有名なのがこの2点。






高浮彫の超絶技巧だそうだ。凄い過装飾!!金銀きらきら、細かい文様!!

あらゆる陶磁器製造の技術の集大成!!

とも言える展示である。

見ていて、疲れる。

150点の作品群は凄いの一言ではある。



■コメント

コメント記事はありません。


■コメントを書く