帝釈峡で紅葉狩り

投稿日時:2016.11.28 (月)  08:30:21カテゴリ:旅行

 

11月中旬に岡山と広島の県境にある帝釈峡へ行って来ました。5時間かけて到着。




帝釈天永明寺の裏山の一枚岩。見上げる程の巨大さ。




川で削られた窪地に祭られた「賽の河原」






永明寺の横。




正面。慶長年間より古い建物。

古くて危険なのか、立ち入り禁止。




第一駐車場から見た参道。




帝釈峡の入り口に縄文時代の遺跡が有ります。




1万2千年前は海岸線だったのかも?



鬼の唐門。




鬼の供養塔。




帝釈峡の最大の見所「雄橋」が見えて来ましたよ。




自然の造形物には尊厳を感じます。偉大です。

雌橋も有るのですが、崩れているそうです。




断魚渓。

魚が遡上出来ない滝が続いている。

この下を行くと神龍湖に到着するのですが、通行止めになっています。


旅館「錦彩館」に到着。

全ての部屋が湖に面していますよ。




旅館から見た神龍湖。朝の景色です。






神龍橋。




桜橋。




城址公園の紅葉。神龍湖は、ダムで出来た人口湖です。遊覧船も有り、白鳥もおります。地元食材を使った料理は美味しかったですよ。






■コメント


ホワイティー様
貴女も仕事を絡めて、一緒に行ってらっしゃるじゃない。
お風呂も一緒に!!

投稿:roppi  2016.11.29 (火)  05:47:10


出た〜〜! 縄文!
紅葉と言い景色と言い素晴らしいところですね。一緒に行って下さる方があってこそ。
Roppiさん、幸せ、幸せ(^ ^)

投稿:ホワイティー  2016.11.28 (月)  18:30:36


■コメントを書く