初詣で、信貴山

投稿日時:2017.01.15 (日)  09:56:57カテゴリ:日帰り旅

 

元旦の午後、何の予定もなく、信貴山へ行ってしまった。1番最初の駐車場に止めた。1000円の駐車料。ぼったくりや!!

参道の入り口には、昔の風情を残す老舗料理旅館が立ち並んでいる。10分程上ると、山門が見えて来る。その手前に、




古い建物をそのまま使った珈琲店。右側

左側には、曾我乃屋本店の菓子店。人形焼きの様なカステラ生地にコシ餡。焼きたてを売っている。土産物として箱詰めで買えますが、焼きたてがお勧め。




虎です。




山門横には、千体地蔵尊。




趣の有る建造物です。




山門を潜ると、遥か彼方の中腹に本堂が望める。




進んで行くと、何故か張子の虎。




本堂を見上げる。虎年、虎日、虎刻に何か事件が有ったらしい。

今から1400余年前、聖徳太子は、物部守屋を討伐せんと河内稲村城へ向かう途中、この山に至りました。太子が戦勝の祈願をするや、天空遥かに毘沙門天王が出現され、必勝の秘法を授かりました。その日は奇しくも寅年、寅日、寅の刻でありました。太子はその御加護で勝利し、自ら天王の御尊像を刻み伽藍を創建、信ずべし貴ぶべき山『信貴山』と名付けました。以来、信貴山の毘沙門天王は寅に縁のある神として信仰されています




日本一大きな地蔵尊。




心を込めて祈ったよ!!




子安塔。ここから、奥の院、空鉢護法堂、信貴山城跡への山道が続くが、時間がないので、本堂に登り、毘沙門天を拝んで下山した。本堂からは王寺市街が見渡せる。




本堂の下で、護摩が焚かれていました。




何故か鶏の灯篭。来年も有るのかな?




帰りは、開運橋を渡って、開運、開運!!!!!!!開運









■コメント


ホワイティー様
観音様には、自分の足で、自力本願して下さい。
ちなみに、毘沙門天の使いは百足(ムカデ)。お足がたくさん有ることから、商売繁盛の神でもあります。あらゆる効果の有る神が、ワンさと祭られています。是非行って下さい。

投稿:roppi  2017.01.18 (水)  19:13:45


やっと信貴山登場。
本堂は清水寺みたいですね。
金集弁財天様には私の分も拝んで於いて欲しかったなあ。

投稿:ホワイティー  2017.01.16 (月)  09:09:08


■コメントを書く