生徒の作品 2017年,6月

投稿日時:2017.06.14 (水)  05:45:39カテゴリ:生徒の作品(61)

 

今回の作品は、バラエテイーに富んでいますよ。それぞれの個性が段々発揮されて来たと言う事でしょうね。




























































如何でしたか。楽しんで頂けましたか。

何処から出て来るのでしょうね、創造の泉。

頭の中を見てみたいですね。

コメント (1)

 

復活ささ百合

投稿日時:2017.06.07 (水)  06:04:46カテゴリ:花(257)

 

昨年ささ百合は、咲かなかった。

と言うより、猪、鹿の害に遭って全滅したのが現実。

今年は、淡竹(はちく)が豊作で、食物に恵まれ、被害を免れた?

でも、




右の蕾が鹿に齧られている。

果たして、開花が見られるか、?

ハラハラしながら、観察していましたが、やっと昨日、開花。




一輪の花は、一年生。齧られていたのは、2年生です。

清楚な姿の1年振りの復活です!!




根元の日陰には、ヤマタツナミがひっそり咲いていましたよ。


コメント (2)

 

自然の営みは営々と

投稿日時:2017.06.02 (金)  06:48:13カテゴリ:花(257)

 

ブログを休んでいる間も、自然の営みは、休むことなく続いています。

その間にも、5月の花を咲かせていましたよ。




やまつつじ




がまずみ




山藤




紫かたばみ




白つめぐさ

そして




ブルーベリーの花も




熊蜂が一生懸命働いております。今、熊蜂の働き先は




今盛りのキューイの花。

馥郁とした良い香りを漂わせて、気分を爽快に!!




今盛りなのが、この白い花。


谷の道すがらを行くと、そこらじゅに、ウツギの白い帯が垂れ下がっていますよ。


ゴールデンウイークに来なかった常連の生徒さん、月末に集中して、6月の始めまでが忙しい。

体力が持つか心配です。窯も焼成しなあかんし・・・・・・・


コメント (2)

 

工房近くの工事がやっと終わった

投稿日時:2017.06.02 (金)  06:15:18カテゴリ:未分類(56)

 

本当に長かった災害復旧工事。一月近くガアーガアーと騒音が大変でした。迷惑料の和菓子を頂いたが、そんなものは精神的な苦痛に比べれば屁のようなもので、騒音が病気にさせる事がよく解った。




やっと、やっとの完了です。やっと静かに仕事が出来ます。

ほっとーーーーーーーーーー・・・・・・・・・・・・・・

コメント (2)

 

ゴールデンウイーク初日の日の出

投稿日時:2017.04.29 (土)  06:13:46カテゴリ:未分類(56)

 

4月30日(土)朝新聞を取りに行って、ビックリ!!

あまりに美しい日の出にしばしうっとり・・・・・・




寝過ごした方、

見逃した方、

楽しんでください。

コメント (2)

 

山菜の女王様はコシアブラ、いよいよ登場

投稿日時:2017.04.28 (金)  09:06:37カテゴリ:山菜(103)

 

例年通り4月20日過ぎに出て来ました。




これを見て、思わず「美味そう!!」と、心の中で叫んでおりました。




今は、葉が開き始めています。これはこれで美味しいです。




山吹山の紅葉は、青葉燃え出る時、目に楽しい一瞬です。




ムラサキケマンの群落。ユニークな花の形、トランペットに似てますね。後で、豆になって、弾けて種を飛ばします。




侘び助も終わりかけています。有終の美ですね。




日本蜜蜂も準備中。もちろん分蜂の事です。つまり分家することです。

春真っ最中!!一番過ごし易い季節、楽しみましょう!!

コメント (2)

 

名残の枝垂桜

投稿日時:2017.04.19 (水)  05:58:20カテゴリ:花(257)

 

今頃最盛期だと思って、行って見たのですが・・・・・

和束木津線峠を越えて、下の方の中腹の所に




後ろに茶畑が有る知る人が知る名所である。

残念ながらもう散り始めている。

背景の新緑が、花の色を引き立てている。




和束の運動公園の中に有る「テラス和豆香」の裏に咲いている枝垂桜の妖精(妖怪)のような姿の桜。

これも、散っている。花びらがたくさん水面に浮いている。

見頃は、過ぎているものの、見応えのある桜です。




まだ葉が出ていませんが「三つ葉つつじ」

今はこの花が見頃ですね。


コメント (5)

 

ナナ(猫)の近況

投稿日時:2017.04.17 (月)  09:06:05カテゴリ:猫のナナ(32)

 

春なのに、朝は肌寒い。




寝たふりして、人の気配を感じると、薄目を開けて見つめます。

起きると,水が欲しいのか、洗面所へ向い、ガリガリ。




暖かい水しか飲みません。贅沢な猫で御座ります。

浴室で飲ませるのですが、暖かさを確かめてから飲み始めます。




飲み始めます。




しばらくすると、




椅子の上でくつろぐ。




カメラを近づけると、ムックと起き上がり、「なんでんね?」

炬燵でTVを見ていると、近づいて来て、横にゴロリ。




耳をいじってやる。




しっぽをいじってやる。




遂に怒って、指に噛み付いてくる。




座布団を枕にフテ寝するナナであった。

コメント (5)

 

山菜の季節到来?

投稿日時:2017.04.17 (月)  05:41:54カテゴリ:山菜(103)

 

フキノトウ、ノカンゾウと続いて、4月初旬にはと思っていたものが出て来ない。やっと15日の中旬を過ぎた今、待望のこごみ、蕨がでてきました。




こごみ  てんぷら、酢味噌和えが美味しい。




蕨 アク抜きをしなければいけないのが面倒ですが、

   6分間蒸したものを、ゴマドレ、マヨネーズで食べれば、

   最高!!

   炊き込みご飯も美味い。




春蘭 天麩羅にすれば、少し苦味があって風味があります。


工房への入り口の風景。




花吹雪が舞っているのが解りますか?

暗い部分を見て下さい。




谷間の北側の山桜が、色の違いを競演し、新緑が萌え、春の息吹を感じさせます。有王の桜は、今満開ですよ。


コメント (2)

 

山城古道の終点は木津川市

投稿日時:2017.04.11 (火)  05:44:30カテゴリ:歴史探訪(21)

 

JR上狛駅から西へ、国道24号線を渡ると山城古道に合流する。

木津川の土手の方向に進んで行くと、昔の佇まいを残す町並みが見えてくる。







この町並み何だと思います。





茶問屋の豪邸の町並みなんです。

福寿園の本店が24号線に面しているでしょう。

その裏の西がこの地域なのです。




土手近くまで行くと、山城古道の終点のシンボルと言える石像の地蔵尊が鎮座されております。




奈良時代、聖武天皇の御世、東大寺の大仏を建立した行基の建てた六院の一つ泉橋院が基になっている。




泉橋寺です。ここからすぐ土手に上がれます。東を望めば、泉大橋の独特の鉄橋が見える。いつも奈良に行く時、頻繁に通っているのに・・・・・・

歴史的に由緒のある所なんですね。

JR上狛駅の東には高麗寺跡地が有り、高句麗の渡来人が住んでいた事が偲ばれる。

コメント (3)